カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

台北駅から瑞芳、平渓線で十分まで



2日目の朝、まだ何も食べていないので、台北駅の「台鉄便當本舗」というところで、
お弁当を買うことに。

f0337357_21594511.jpg

こちらは、1階にある店舗ですが、地下にも2店舗ほどあったと思います。
営業時間は、うろ覚えですが、8:30~20:00くらいだったかと。


予定の電車まで、時間があるので、どこかに座って食べることに。
台鉄の改札の中に入ります。(新幹線は、別の改札口なので注意!!です。)

f0337357_22394327.jpg

地下に改札があるので、結構暗い感じがします。しかも、思ったほど広くない。
この改札左側が待合スペースでイスがたくさんあるので、そちらでいただくことに。



私が選んだのは、新幹線のパッケージにひかれて、コチラ。
と、ブログの下書きを見た鉄夫が、
「これ、新幹線じゃないから。太魯閣(たろこ)号だから。」と。
オレンジ色のラインが入っているだけで、新幹線かと。鋭い指摘だわ、鉄夫。

f0337357_22071875.jpg

お値段を忘れてしまったのですが、60元と書いてあるので、そうなんだと思います。


フタをあけてみると、

f0337357_22101100.jpg

白いごはんの上に、排骨と煮卵、ザーサイのような漬物野菜が少々。
ここで、疑問が。
「排骨」というのは、骨付き肉を揚げて、醤油や砂糖、八角などで味付けしたものだと
思うのですが、このとき、自分の食べたモノが豚だったのか鶏だったのかを
思い出せない(汗)

骨があって、食べにくく、八角も結構効いているので、なんともいえないお弁当です。
お肉は、パリパリ揚げ物というより、しっとり感があり、食感は、「鶏の照り焼き」に近い。
台湾の味、という感じでしょうか。ガッツリ弁当なので、元気が出そう!!
味付けは、甘みがわりとあり、しょっぱさは少なかったと思います。
あと、10分したら、ホームに行かなくちゃ!!とも思っているので、
急いでガツガツいただきました。

※お弁当のパッケージを見ると、「猪肉」(=豚肉)と書いてあるので、 豚肉でした~。


鉄夫の買ったものは、私のより、少し高かったような。80元くらいだったか。
パッケージを撮り忘れてしまったのですが、「八角形」のお弁当です。

f0337357_22093331.jpg

こちらもやはり、白いごはんの上に、排骨と煮卵、そして、野菜炒め?和え物?が
のっています。
気のせいかもしれませんが、こちらの排骨のほうが美味しかった!!
=八角風味が少なかった。
お野菜もいろいろのっているので、お肉と美味しくいただけると思います。


どちらのお弁当も、ほんのり温かく、「台湾味」を満喫することができました。
ちなみに、煮卵は、コンビニでもよく売っています。


f0337357_22494490.jpg

他の時間帯にも、お弁当屋さんに行ってみましたが、お弁当の種類は、5種類くらいだった
でしょうか。朝の時間帯は、「排骨」の3種類でした。


さてさて、ホームで快速電車を待ち、乗ります。(10:05発、瑞芳行き)
この台北駅のホームが、暗くて、狭い。乗り降りする人も多く混雑しています。
(私の勝手なイメージ→JR東京駅・総武線快速のホームをもっと暗く、狭くした感じ。)


快速電車は、そこそこ混雑していました。松山、南港あたりでも、乗り降りがあり、
そのあたりで座ることができました。
おっ、カワイイ!電車の扉。そういえば、「My コアラ」を持参したのに、
あまり写真撮っていないなあ。(暑さと疲れで、余裕がない…。)


f0337357_23011824.jpg




街中から、だんだんと、のどかな緑多い景色になってきて、「瑞芳」に到着。
九份に行く人たちとは、ここでお別れです029.gif

f0337357_23065640.jpg



平渓線のホームへ。ほとんどの人が九份へ行くため、改札を出て行きましたが、
平渓線に乗り換える人も、結構います。平日でも大賑わいです。
すでに到着して、停車している平渓線、ディーゼルカーです。(by 鉄夫)


f0337357_23125849.jpg



先頭車両のほうが比較的空いていて、なんとか座ることができました。
見る限り、大陸からの観光客の方が多かったような気がします。

f0337357_23162703.jpg

平渓線、車体の柄がカラフルで美しい。皆、写真撮りまくりでした。
10:02、出発!!山の中を走っていきます。

と、私の座っている頭上に、モノをかけるところがあったのですが、
お隣に座られた中華圏のマダムが、惣菜?おかず?の入ったビニール袋をかけたので、
頭の上から、ほかほか空気と、ほのかな八角のにおいが漂ってきました。
何のおかずかな??


30分ほど走り、十分に到着。ほとんどの方がココで降りました。

f0337357_23254525.jpg




ちょうど反対側のホームに瑞芳方面へ向かう車体が。こちらの車体も派手だわ。

f0337357_23284882.jpg




ホームを降りて、駅の改札口に向かいます。
こんなに列車を真近で見ることもあまりないような。

f0337357_23303081.jpg



改札を出るときに、「出口」用の機械に、ピッとカードをかざします。
間違えて、「入口」用のところにピッとしてしまっても、
「無効」みたいな表示がでるだけなので、大丈夫です。

改札を出たところに、鉄道グッズを売るお店があったので、ついついお土産を物色。
帰りは混みそうだし。

f0337357_23390861.jpg

まだ、「ねこ村」に来たわけでもないのに、ネコグッズをいろいろ買ってしまいました。
全部マグネットになっています。




f0337357_23405192.jpg

絵ハガキもたくさん!ここですぐ書いて、投函することもできるようです。
郵便スタンプとか違うのかしら??
スタンプ、といえば、この鉄道グッズ店前に、スタンプがいろいろ置いてあったので、
記念にぜひ!!


台北よりは、少し涼しく感じた十分。
まずは、目的を達成するために、駅から続く商店街を歩きます060.gif



023.gifカステラメモ023.gif
  • 瑞芳駅で平渓線に乗るときは、先頭車両のほうが空いていた。
  • 十分駅のお手洗いは、「ひぇ~、コレは耐えられない!!」という感じではないので、大丈夫だと思います。



[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kasutera0141 | 2014-10-12 00:30 | 2014.9 台湾・観光&交通 | Comments(0)