カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

ラディソン ブル エドワーディアン ヴァンダービルトホテル・スタンダードシングルルーム



ロンドンで宿泊したホテル、
の全体編(→)からのつづき、お部屋編です101.png

スタンダードシングルルームを予約したのですが、
チェックイン時に、
「バスタブのあるお部屋にしてください」と言ったところ、
「同じ料金のまま、アップグレードしますね。」と
フロントスタッフさんから言われ、
一応、スーペリアシングルルームになったようです。
でも、正直、スタンダードもスーペリアも部屋の大きさは同じで、大差ないような…(~_~;)


2階の106号室。
シンプルな、素朴なお部屋です(笑)
ベッドも、とくに問題なく。

f0337357_22261535.jpg






デスクとテレビ。
がしかし、ここでちょっとした問題その1が…(→次回へつづく、笑)。

f0337357_22283690.jpg






クローゼットの中に、ハンガーたくさん。
アイロンとアイロン台。
シュークリーナー(布)とソーイングセットが扉側にありました。
スリッパはないので、持参しました。
(行きの飛行機でもらったのを持ってきました。帰りは捨てていけるし。)

f0337357_22321363.jpg






デスクの下に冷蔵庫。
日本のビジネスホテルクラスよりも、少~し大きいような。

f0337357_22342423.jpg







ペットボトルのお水が、毎日1本補充されます。

f0337357_22360896.jpg






ドライヤーはデスクの引き出しの中。
コードがつながっているので、持ち出せません。
風力は、まあまあ。

f0337357_22382238.jpg






電気ポットと、マグカップ・グラス類。
インスタントコーヒーとティーバッグの紅茶。

f0337357_22405494.jpg






紅茶は、“NEWBY”というブランドのもの。
イングリッシュブレックファーストとカモミールの2種。
ホテルのレストランでの朝食時にも、
この紅茶のティーバッグが、ポットに入っていたと思います。
コーヒーは、“Tchibo”というドイツのメーカー?みたいです。

f0337357_22481425.jpg






金庫。
自分で4~6桁の暗証番号を入力してセットするという、
ごくごく一般的なモノ。
がしかし、ここで問題その2が…(→次回につづく、笑)。

f0337357_22590471.jpg







ザ・洗面台。
ハンドソープとローションが、固定されて備え付けられています。
モノを置くところが狭く、しかも手前に少し傾いているので、
モノが落ちそうになることしばしば、笑。

f0337357_23021452.jpg







洗面所にある電源は、シェーバーさん専用。
イラストがかわいい。

f0337357_23044242.jpg







シンプルなお手洗い。
コットンと綿棒はありました。
歯ブラシはありません。

お手洗い、水の流れる量は多いと思います。
がしかし、変な話、なんというか、“押し流す水圧・勢い?”が
もう少しあれば…と思います105.png

トイレットペーパーも、結構立派な紙質でして…105.png
ガ~っと、1回で、完璧に、塵一つ残さずに流すのには、
レバー操作にコツがいると思われます(私調べ)。

かといって、困ったコトになったかといえば、
そんなことはありませんでした102.png
快適に使用できました102.png

日本以外の国と地域、全世界共通でいえることですが、
お手洗いには、それなりのコツがいるってことで…105.png

f0337357_23131245.jpg







タオルは、
ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルが用意されていました。
バスタオルが、とてつもなく大きくてね~146.png
欧米人の平均身長は、大きいんだなぁと改めて思いました。

f0337357_23284931.jpg







翌日に、新しいタオルに交換してもらうには、
使用済みタオルをバスタブの中に入れておいてください、とのこと。

f0337357_23315436.jpg







バスタブ。
バスタブにカーテンはなく、
バスタブの長さの3分の1くらいまでが、ガラス戸。
最近のホテルは、このパターンが多いですね~。
で、ここで問題その3が…(→次回へつづく)。

f0337357_23352728.jpg







シャワーは、天井からザ~っと降ってくるタイプ。
水圧は、まあまあ良好。
このシャワーに慣れたころには、帰国(笑)。

f0337357_23375394.jpg






シャンプー、コンディショナー、シャワージェル(ボディソープ)。
固定して備え付けられているので、動かせません。
コンディショナー(白)が、たっぷり入っているにもかかわらず、
固めの液体?のためか、なかなか出なくて…。
ボトルを斜めに傾けたくても、傾けられない~笑。
持参したコンディショナーと、Bootsで買ったモノとを使いました。
シャンプーの泡立ちはヨカッタです102.png

f0337357_23434843.jpg







シャワージェルは、泡風呂できますね~やらなかったけど102.png
アメニティ類は、“GILCHRIST & SOAMES”というブランドのもの。

f0337357_23460321.jpg





電源のところにスイッチがあるので、
オンにしないと、充電とかできません。

f0337357_00024406.jpg






エアコンは、一応、自分で調節可。
たいした機能は、ついていません。
冷房か暖房か。風力3段階。
ON or OFF スイッチ。
ホテルに帰ってきて、暑かった日が1日だけあったので、
1度使いました。
夜は、わりと涼しくて、寒いと感じる日もありました。

f0337357_00064505.jpg





窓からの眺め。
Cromwell Rd(クロムウェルロード)側の2階のお部屋。
この通りは、わりと交通量が多いです。
普段、騒音の多い中で生活しているので105.png
私は、外の音は、あまり気にならなかったのですが、
閑静なところで生活している方だと、
少し気になるかもしれません。

f0337357_00142948.jpg
(窓の開閉可。ベランダ?がついているけど、
外には出られないようになっていました。)







次回は、
「ホテルのお部屋で少し困ったコト編」です103.png



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kasutera0141 | 2018-08-21 00:40 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)