カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:2015.8 ソウル・観光&交通( 7 )




あら、イヤだわ!
去年夏にソウルへ行ってから、あと少しで1年たっちゃうのね。
1年以内に終わりそうもない旅行記…。
自分の“思い出”として、タラタラ続きを書いていくことにします。
(全然新しくない情報&自己満足な記録で、ごめんあそばせ_(._.)_)

教保文庫で、ぴょんさんのスマホケースを買った後(→)、
まだ行ったことのないソウル歴史博物館へ行ってみることに。

大通りをてくてく。てくてく歩く。
ソウルリピーターの方なら、ご存知だと思うのですが、
たいした距離じゃないのに、体力のない夫婦は、ものスゴく疲れてしまいました(汗)。
(タクシーに乗るほどの距離でもない。バスでも1駅くらい?自転車だとちょうどいい距離。)


あ、この人↓、見たことあるわ!ちょっとずつ、動いているんですって~。

f0337357_23555997.jpg
(興国生命ビル前にある「ハンマーを打つ人」)





ようやく、着いたわ~。光化門駅からも、結構歩く気がする…。
西大門駅と中間くらいに位置しているのかしら??

f0337357_00015303.jpg




博物館前の広場には、こんな↓手書きな地図が。
噴水みたいになっていて、水が噴き出すらしい。
子供たちが遊んでいました。この日も暑かったものね。

f0337357_00044141.jpg




「光復70年」ということで、こちらでも特別展をやっていました。
「남산의 힘(南山の力)」
ソウル中心部にある“南山”、ソウルのシンボルでもある“南山”が
時代とともに、どのように変化してきたか、という展示です。

f0337357_00113550.jpg





無料で入れる博物館、というのは嬉しいですね♪
しかも、日本語で書かれたレジュメがあったので、それを読みながら見学することができ、
内容が理解しやすかったです。

展示物が多くて、いちいち写真を撮っていないのですが、
印象に残ったことは、
日本統治下時代に、神社を建てた、
戦後、李承晩(イ・スンマン、이승만)大統領の巨大な銅像を建てた、
あたりでしょうか。
やはり、ソウル中心部・シンボル的な象徴でもある南山は、
いろいろ利用されやすいのかな、と。

f0337357_00224467.jpg
(昔の街並みを再現した模型もありました。)





あ、これは懐かしい!ソウル五輪のトラだね。

f0337357_00251539.jpg





結構広くて、結構足が疲れました~。
ところどころベンチに座って休憩しつつ見学。

私の南山の思い出といえば、やはり、ソウルタワー。
初めて韓国に来たときに、連れて行ってもらいました。
早く日本に帰りたいと思っていたので、タワーからのソウル市内の景色に特に感動もなく…。
大人になった今行ってみたら、また違う感想を持つんじゃないかと思います。

f0337357_00373612.jpg
(高宗が即位した円丘壇<원구단・ウォングダン>を再現したものも展示してありました。)






そういえば、プリクラ?みたいに写真が撮れるところがありました!
どうやっても、私が武官姿に、ぴょんさんが女官姿になってしまい、
「なんで、女子の私が女官の格好にならないのよ~!?」とブツブツ言っていたら、
ぴょんさんが、
「機械も、カステラさんのほうが“強い”と認識して、武官姿にするんだよ~」と。
失礼な機械だこと!
機械が勝手に、2人共武官姿にしてしまい、これで↓撮りました。

f0337357_00571745.jpg






博物館建物の外には、昔ソウル市内を走っていた路面電車が展示してありました。
1930年頃~1968年まで走っていたんですって。

f0337357_01024020.jpg
(LRT として、復活することは、あるのかな??
ヨーロッパなどの都市では、LRT が走る姿をちょくちょく見かけますね。)






なかなか興味深い展示が多かった歴史博物館でした。
同じ敷地内に、ドラマ撮影地としてもよく使われる慶熙宮(キョンヒグン)もあるのですが、
疲れてしまったので、パス。いつか、また行こう!

足も頭も疲れたので、どこかでお茶しよう♪

[PR]
by kasutera0141 | 2016-08-15 01:25 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)



貢茶で、妙なビンスを食べた後(けど、美味しかった!→)、
教保文庫へ向かう途中、現代自動車(현대자동차)が展示してあるのを発見!

f0337357_17055078.jpg
(場所は、イ・スンシン将軍像向かって左側あたりのビル1階。
スタバの隣りあたり。現代海上火災のビルかも?)






ショールームというより、ビル1階の空いているスペースに、自動車を数台置いて、
「見学どうぞ~。」という感じ。
販売員の方がいて、先客にいろいろ説明されていました。
先客の方への対応が終わった販売員さんに、
「写真を撮ってもいいですか?」と、許可をいただき、写真を撮らせてもらいました。

f0337357_17114404.jpg
(車に興味がないもので、車種とか全くわかりません_(._.)_)






車に好奇心旺盛なぴょんさんが、販売員さんに
「現代自動車のハイブリッド車って、どんなものがありますか?」的な質問をしたところ、
販売員さん、嬉しそうに、車の説明を詳しく始めました~。
展示してある車の特徴やら、パンフレットに載っているハイブリッド車の特徴など。
(私、内容あまりわからず 汗)

f0337357_17163527.jpg
(「SONATA」っていうのは、名前知ってます。「冬のソナタ」みたいだから 笑!)






販売員さんの説明で、唯一わかったのが、
「日本のほうが、ハイブリッド車、機能いいのがたくさんあるし、種類も豊富でしょ?」と。
私は、車業界のコトは全く知らないのですが、
韓国では、ハイブリッド車って、まだまだ少ないのでしょうか??

最後に、販売員さんが、車のパンフレットを何冊かくださりました。
(買う予定は全くないけれど、参考に見てみますね~。)

f0337357_17232984.jpg
(ドラマとかでも、お金持ち若い女子がデッカイ車に乗っていますよね…。
パステルカラーのちっちゃい車のほうが、カワイイし運転しやすいと思うのですが…。)







そういえば、私が初めて韓国に来たとき(←ん十年前…)、
友人宅にホームステイさせてもらったのですが、
そのお宅の車は、ホンダ「アコード」というのでした。
韓国のお宅でも、日本の車に乗るんだなぁと思ったことを覚えています。

f0337357_17510882.jpg
(ぴょんさんの初訪韓も、学生のとき。このあたり↑にあるホテルに泊まったところ、
洗面所の蛇口が、いきなりとれたんですって。
「ボロホテルのくせに、場所がいいから、いまだ営業してるよ!」
さすがに、リノベーションしているようですけど…(^_^;))





しかも、友人宅には、専属の運転手さんがいて、ビックリ!しました。
移動は、ほとんど車だったため、市内の地理・地図・地名など全くわからず。
今だったら、体力がないので、こんな↑待遇がとっても嬉しいと思うのですが、
当時はかなり若かったため、地図を見ながら、
地下鉄やバスでどんどん行動したかったです。
(街歩きをすることが大好きだったので。)

と、韓国の車を見ながら、昔のことを少し思い出しました。


f0337357_18020132.jpg
(東和免税店の入っているビル。東和免税店のインフォメーションのお姉さんって、
いつも不機嫌なので、ビクビクしてしまいます…。)




さあ、教保文庫へ行こう!






[PR]
by kasutera0141 | 2016-06-12 18:09 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)


昨年の夏休みにソウルへ行ったのですが、
その旅行記を綴っている途中、昨年秋くらいからバタバタしてしまい、
ソウル旅行記をお休みしていました。(というか、忘れていた、最近まで(-_-;))
久しぶりに旅行記の続きを…。自分の思い出として書いておこう♪

農業博物館(→)を見終えて、オガダでいちごビンスを食べた後(→)は、
お隣りにある米博物館(쌀박물관)へ。ビルの1階にあり、入場料は無料。
子供向けの博物館です。

f0337357_20292450.jpg





農業博物館と米博物館のあいだには、このような↓米作りに関係する道具?もアリ。
水車かしら??夏の日差しには、涼しげな感じです。

f0337357_20334992.jpg




米博物館でも、꼬마(コマ=チビっ子)たちの集団が、見学していました。
ガキんちょたちの見学コースには、ちょうどいい博物館。
さほど大きくないし、主食である「お米」の作り方・大切さを学べる施設。
アニメ上映なんかもあって、ちょこっと休憩できるし。

f0337357_20420189.jpg



1階の展示をササっと見て、目的地は2階。
エレベーターで向かいます。
ここに、小さなショップがあるということで、いろいろ物色してみました!
小さなカフェスペースも併設されています。

f0337357_20444123.jpg
(「↑この“お米キャラ”は、“米一粒”という名前だよ」と、
1階にいらっしゃったハルモニスタッフが教えてくれました。)




こちらのショップは、お買い得品がいろいろ。(20%~50%OFF)
餅菓子、カップ麺、米菓子、などなど。
重くてかさばるものが多い中で、いくつか購入しました。
餅菓子も買いたかったけれど、賞味期限が早くて~。残念(涙)。

韓国のお餅「떡(トック)」が大大大好きなので、
こちらの“カップ麺”ならぬ“カップトックスープ”を!

f0337357_21162505.jpg



ものすごく美味しかった!!시원하다~(シウォナダ~=さっぱりしている~)!!
スープは、牛骨スープのやさしいお味。
トックは、真空パック入りで、かなりたっぷり入っていました!!
2分で、こんなちゃんとした餅スープ(떡국)がいただけるなんて幸せ♥
他のスーパーでは見かけなかったのですが、次回の旅行時にも絶対買いたいわ~♪




もう1つは、米麺のカップ麺。
煮干し(멸치=ミョルチ)で出汁をとったスープのよう。
こちら、賞味期限が異常に長くて(笑)、来年の1月までもつので、まだ食べていません。
どんなお味か楽しみだわ♪

f0337357_21342270.jpg




ちょこっと楽しいお買い物もできた米博物館でした~。
お手洗いも、キレイでよかったです(2階・ショップ近く)

f0337357_21452860.jpg
(展示してあった「京畿道(경기도)の米料理。)




ホテルに戻って、ちょっと休憩して、ゴハンを食べにでかけよう!



[PR]
by kasutera0141 | 2016-04-06 22:01 | 2015.8 ソウル・観光&交通

f0337357_23264606.jpg




農業博物館の中へ入ります。(ようやく…。)入館料は、無料です。

f0337357_23281874.jpg
(こちらでも、光復70周年の、企画展をやっていました。)





農協が母体の博物館です。平日の午前中だったのですが、
꼬마(コマ=ガキんちょ)たちが、たくさんいました。
小さいころから、お米の作り方、農業の大切さを教えるのは、日本も一緒ですね~。

f0337357_23332177.jpg



この方は、プロ野球選手なのかしら??
1度、韓国プロ野球を観に行ってみたいわ~と思いつつも、いまだ実現せず。

f0337357_23433168.jpg




博物館内は、米作りの歴史、朝鮮半島の農業の歴史などを、
模型や、実際の道具などとともに展示してあります。

こんな昔の時代の様子(模型)や、

f0337357_23470182.jpg





実物大の様子や、(オジサンの後ろに立って、自分たちも撮ってみた。)
耕作している土、リアルよ~。

f0337357_23491455.jpg




おっ、先程見た綿花か?ん?かいこもいるから、絹かしら??
(小学生のときに、かいこの観察しました~!)

f0337357_23541219.jpg



2階へ行く階段の途中にも、美しい絵画が飾られていました。

f0337357_23554789.jpg




そして、2階は、

f0337357_23570230.jpg



細かい模型と、
(みんなが農作業する中、サボっている人がいないか探してみた→いなかった。)

f0337357_23580178.jpg



実物大の展示。お供えでしょうか??

f0337357_00032124.jpg




市場の様子を、実物大で展示してあるエリアがあったのですが、
音も、市場の活気ある音がしていて、とってもリアル!!
時代劇で見た、あの世界が広がっていました!

f0337357_00054267.jpg
f0337357_00062828.jpg
f0337357_00070593.jpg





そして、市場の家畜たちが、リアル過ぎて、はく製かと思いました。

f0337357_00081575.jpg
(ホントに飼われているニワトリのようだ!)





牛さんも、本物そっくりに見える!顔をにゅ~っと出してきそう!!

f0337357_23264606.jpg




市場で売られているウサギたち~。いや~実に本物っぽい。

f0337357_00112487.jpg



市場の様子を細かく描いた図がありました。
日本にも、もっと市場文化が残っていたらよかったのになぁと思います。

f0337357_00134644.jpg



全般的に薄暗い展示室で、またしても、だんだんと眠くなってきてしまった…。
展示室を出て、廊下に座っていたら、博物館の係員と思われるハルモニが
(ボランティアなのでしょうか?シニアの方が多かったです)、
「地下も、いろいろ展示してあるから、行ってみて~。」と。

地下階は、主に農協の歴史です。
わりと、サラっと見ました。(スミマセン、連日の寝不足がここで…。)
食べ物の展示だけは、食いついて見ました(笑)。

韓国産の農産物を使った理想の食事。上から順に、朝→昼→夕。

初めて韓国料理と接したときに、ビックリしたことは、
「ズッキーニ」を使っていたことです!!
ズッキーニは、なんとなく、イタリアンな感じがしていたので。
しかしそれは、「韓国カボチャ」だったと思われます。
これが、カボチャ!?日本のカボチャと全く違うので、これまた驚きました。
韓国カボチャのナムルや、炒め物など、美味しくて大好きです!!

f0337357_00214671.jpg
(右端にあるのが、韓国カボチャのあえ物ではないかと。)



f0337357_00242339.jpg

f0337357_00261671.jpg
(汁物は、チョングッチャンでしょうか??
毎日チョングッチャンでもいいくらいに、大好き!)



野菜は、十分に摂取できそうだけど、塩分が多くないだろうか??と思う。
常備菜の塩分が、気になるところです。



博物館のショップで、絵葉書を購入しました!素敵な絵柄♥

f0337357_00393896.jpg





こうして、淡々とブログに書きましたが、
農業博物館、今回の旅行で、私の中で強く印象に残る場所でした。
実際、現在の韓国の農村はどんな感じなのでしょうか??
機会があったら、地方の農村を訪れてみたいです。

f0337357_00453292.jpg
なんかこの人↑、ぴょんさんみたいだわ…。
以前、ぴょんさん、リュックで通勤していたのですが、歩きながら本読んでるの~!
夜、遠くから見たとき、「今時、二宮金次郎みたいな人が、いるんだなぁ」
と思ったら、自分の夫だった(笑)!!



何かひとつのことをすると、すぐに疲れてしまう私たち。
ちょっと休憩しに行きます~。

[PR]
by kasutera0141 | 2015-09-30 00:00 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)

f0337357_21124770.jpg





両替を済ませた後、西大門駅のスグ近くにある農業博物館(농업박물관)へと
行ってみました。(ソウルナビ→コチラ。)
何よりまず驚いたのは、都会のオフィス街に、小さな家庭菜園のような田畑が
広がっていたことです。
8月下旬、稲たちは、スクスク成長中。

f0337357_21173033.jpg



9月下旬の今、もう刈りとられたのかな、気になります。
美味しいお米がとれるといいな、と思いながら眺めました。

f0337357_21195203.jpg




こちらは、サトイモ。大きな葉っぱだわ~。
普段、緑のほとんどない街中で、暮らしているため、
久しぶりに、たくさんの緑を目にして、なんだかとても嬉しかったです。

f0337357_21230062.jpg





そして、목화(綿花)。綿花を栽培しているところって、
日本国内でもあまりないと思うのですが、
ここで、この小さなエリアで、綿花を栽培しているなんて、驚き!

f0337357_21264556.jpg




しかも、ぴょんさんが、
「『星からきたあなた』の初回でさ~、チョン・ジヒョンが、
“목화(綿花)”と“모카(モカコーヒー)”を間違えていたでしょ~。
あの、목화(綿花)だよ~!」と。
まあ、なんてわかりづらい説明なのかしら~と思いつつも、
ドラマの細かいところまで見てるなぁと、変に感心しました。
私、このドラマ、2度も見たのに、そのへんのこと、全く覚えていなかったわ~。

※ハングルで、“モカ”という発音が、
「綿花」と「モカコーヒー」とで似ているというコトです。

f0337357_21530078.jpg
(綿花のお隣「가지」は、茄子です。キムチのなかで、茄子キムチが1番好き♥)





韓国から話はそれるのですが、
私が以前住んでいた「河内国」は、江戸時代のころ、綿花の栽培が盛んだったそう。
明治時代になり、廃れてしまったのですが、最近また、
「河内木綿」を復活させよう!という活動をされている方々が、
いらっしゃるとのこと。

夏、事件で有名になってしまった「柏原市」で、その河内木綿は栽培されています。
わずかしかとれない貴重な河内木綿を、ストール等の製品にして
販売なさっているとのこと。

柏原は、河内木綿のほか、ブドウも栽培している緑豊かな地なので、
ぜひ、遠方の方にも、そういったことを知っていただきたいなぁと思って。

f0337357_21124770.jpg





こういうの↓、日本にもありそうですよね。家畜に引かせて、穀物をひく臼。

f0337357_22154244.jpg



穀物貯蔵庫のようなものでしょうか?
こうしてみると、日本も韓国も「お米の国」なんだなぁと思います。
韓国だけではなく、アジア全土が「お米の国」ですね。

f0337357_22185340.jpg




農業博物館前を行き交う人々は、見慣れた光景だからか、
誰も、この小さな農園に、目もくれていませんでしたが、
ちょっと素敵な場所でした♪

屋根のあるところで、ハルモニや꼬마(チビっ子)たちが、
お弁当を食べたり、おしゃべりしたり、昼寝していたり(笑)!!
都会の中の、のどかな光景でした058.gif

f0337357_22292786.jpg


さあ、中へ入ってみよう060.gif

[PR]
by kasutera0141 | 2015-09-29 12:00 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)


マンゴービンスを食べた後、ホテルへ一旦戻り、少し休憩した後、
向かった先は、コチラ↓の建物。
新羅ステイ西大門から、歩いて6,7分くらい。

f0337357_00074417.jpg

(目立つ看板↑↑“国民の非常ベル112 もっと早く駆けつけます”)





警察博物館( 경찰박물관)」に行ってみました。(コネスト→
ちょうどこの日は、最終水曜日。韓国では、毎月最終水曜日は、
全国の博物館・美術館等が、入場料が割引になったり、
閉館時間が延長されたりするそう。
(2015.12 まで。コネスト→ 各月によって異なることもあるので、要確認。)

もともと無料の博物館ですが、普段は、17:30まで開館しているのを、
この日は、21:00まで開館しているというので、足を運んでみました。

f0337357_00324734.jpg




1階~5階までが博物館。他の階には、「交通巡察隊」が入っているようです。
よくわからないけれど、日本でいうところの、交通警察みたいな部署でしょうか??

f0337357_00462878.jpg
(ソウル特別市地方警察庁 交通巡察隊)





そういえば後日、この建物の隣りにある「慶熙宮」の正門・「興化門」を
写真撮影しようとしていたところ、
白バイ(韓国では何というのか?)のお兄さんが、
私たちの前まで来て、停止。(←赤信号で)

「このバイクが行ったら、門を撮ろう…」と思っていたのに、
信号が青になっても、なかなかどいて行ってくれずに、
ぴょんさんが、「“オレも一緒に撮ってくれ”ってことなんじゃーん。」と(-_-;)
えっ!?、撮られたいの!?仕方ないわね…ってことで、
白バイ兄さんも一緒に、撮りました…。


f0337357_01140493.jpg
(制服マジックってすごいわね。なんだか、とてもカッコイイ感じがするわ~053.gif





話がそれましたが、
「警察博物館のビルには、交通警察が入っているのかな」ってコトです。
夕方6時過ぎだったので、館内の見学者は私たちだけでした(^_^;)
パンフレットをもらって、見学開始。

f0337357_01412569.jpg



本来は、上階→下階の順に見学するらしいのですが、
1階・インフォメーション横のエリアが、楽しそうだったので、ここから。
警察車両が、いろいろ展示してありました。

f0337357_02002886.jpg
f0337357_02010121.jpg




警察庁長のデスク。2人とも座って、写真を撮り合いました。
偉くなった気分が、それなりに味わえる…。

f0337357_02064066.jpg




パトカーは、試乗できます!
このパトカーの横に、制服(シャツ)と帽子があって、
自由に着ていいようです。帽子だけかぶって、お互い撮影しました。
帽子だけでも、結構テンション上がります!

f0337357_02091700.jpg




サイドカーつき白バイ?に乗ってみました。
帽子以外、全て隠してしまったので、妙な写真に…。

f0337357_02121438.jpg





1階だけで、結構満足してしまったのですが(何のために来たのか?)、
エレベーターで上階に行き、見学しました。
「警察の歴史」が、展示されているのですが、館内薄暗く、
寝不足+疲労で、だんだん眠くなってしまったという…。

f0337357_02292384.jpg




あ、ドラマで見たことある!!捕盗庁(포도청・ポドチョン)の制服。

f0337357_03025313.jpg





現在の制服。このシャツが、1階で試着できます。

f0337357_03052355.jpg





日本の年代でいうところの、戦前~戦後~現代までの警察の歴史。
写真や資料などを、展示してありました。
“淡々と説明している”感じでしたが、時代時代で、
人々の「警察」に対する思いは、どうだったのか。
辛い時代も多かったのではないか、と思います。

f0337357_03130739.jpg




細かい模型だわ~。この↓模型内のお馬さんを見て思い出しましたが、
今秋、シウォンさんが、「義務警察隊」というところに行ってしまうので、
寂しくなるわ~。騎馬隊じゃなくってよ(怒)、ぴょんさん!
今年は、お気に入り男子たちが、次々とお勤めに行ってしまい、
寂しいわ…(涙)。

f0337357_03343344.jpg




その他、現在の科学捜査についての展示もあったのですが、
あまり“科学”について興味もないので、ササっと通り過ぎました。
さらには、手錠や牢屋が実際にあって、しかも薄暗いので(汗)、
なんだか怖い感じもしました。

f0337357_03565211.jpg




子供用クイズコーナー。画面の質問に、ハンドルを回して、答えます。
試しにやってみたものの、わからない単語などもあり、
かなり成績は、悪かったです…(-_-;)

f0337357_04040260.jpg



博物館内は、思った以上に歩くので、ちょっと疲れました。
西大門に宿泊していなければ、来なかったであろう「警察博物館」。
ほぼ貸し切り状態だったので、自由気ままに見学できました。


遅い昼ゴハンを食べてしまって、あまりお腹も空いていないので、
何か買って、ホテルへ帰ることにします。

[PR]
by kasutera0141 | 2015-09-13 12:00 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)


一般電車の駅の自動販売機で、T-money カードの残額をチェック。
調べたところ、ホテル最寄り駅まで、4,150Wとのこと。
今(9月3日・夜)は、ソウルナビの為替レート表によると、
100W=10.11円。
パパっと頭で細かい計算ができないので(汗)、
ウォンの感覚は、1つゼロとって、+α =円と認識。
超円高のときも、自分の“買いすぎ防止”のために、
この↑感覚を忘れないようにしていました(笑)。

私たちのT-money カードは、元祖・いたって普通の柄のカードです。
面倒なので、買い替えたりしないと思います…、今後も。
これは、これからも使えるのかしら??
使えなくなるとかなんとか、というニュースをコネストで見たような気もするけど。
まあ、そのときは、そのときで(笑)。

f0337357_20105522.jpg





駅の写真は撮っておらず、いきなり車内です…。
スーツケースがあると、写真を撮るのが面倒になる…。
始発なので、座れます。時間も午後1時過ぎくらいなので。
とてもキレイな電車でしたが、椅子は、かなり硬い!
日本の JR 線のような柔らかさは、全くなし。

f0337357_20150804.jpg





停車駅を見てみよう!
右端が始発駅の、仁川国際空港駅。左端が、終点のソウル駅。
途中、金浦空港駅なども通過。
降りる駅は、終点から2番目の、孔徳(공덕=ゴンドッk )駅。
仁川空港から50分ちょい。
ノンストップの A'REX で、ソウル駅まで行って、
ホテルまでタクシーというのも考えたのですが、
急ぐ旅でもないし、タラタラと行く“プチ鉄道旅”な一般電車を選びました。

f0337357_20280089.jpg
(車内アナウンスは、英・中・日の案内もあって、便利♪)






電車は、空港駅を出発し、貨物ターミナル駅を過ぎ、
しばらくすると、車窓には干潟のようなところが。
干潟があるということは、独特の生態系があるんだろうね。
どうでもいい話ですが、ぴょんさんとウチの母は、以前、
2人で干潟を見に行ってた(笑)!
え~面倒くさい~、と私は行っていません…。

f0337357_20421568.jpg




鉄夫なぴょんさんが、
「この天井部分なんて、新幹線を参考にしているんだろうな。」
「正面見て!『No Shelves 』だよ!荷物棚かと思ったら、ただの空間だよ!」
「車両は、大宇(대우)か、シーメンスだろうな。」
と、ブツブツ言っていました。あ、ぴょんさん、車両は、ロテム(로템)だってよ。

確かに!日本の電車だと、フツーに荷物置きかと思われるところが、
ただの空間だわ~!ボケ~っとしていたら、そのまま荷物を置こうとして、
座っている人の頭上に、落下だわ~!!


f0337357_21001000.jpg


まぎらわしいので、こんなつくりにしないでほしいわ…。

f0337357_21081170.jpg



徐々に車内は混雑してきて、いろいろ人間観察を。
以下、ヒソヒソ声で話した会話。

「白いスカートの人、短すぎて、パンツ見えそうで心配!どこ行くんだろう?」
「弘大入口あたりじゃないの?」
「前に座っている女子の、化粧も完成に近いな。」
(↑車内で必死にお化粧していた。)
「隣りに座っている男子高校生、ずっとスマホで、しゃべっているよね。
 ありゃ将来、男オバサンになるね。」

途中、高校生の集団が乗ってきて、ワイワイ、ガヤガヤ。
「みんなメガネだね~。素朴な感じがするね~。」
「大学入ったり、就職したあたりで、顔がちょっと変わるよね。」
「まあ、お直し(=整形)とか…。少しお直しするだけでも、イメージ変わるね。」
などなど。

と車内人間観察をしているうちに、孔徳駅到着。
ホームに扉↓があると、安心です。

f0337357_21232945.jpg




久しぶりの孔徳駅。ここから、地下鉄5号線に乗り換えます。

f0337357_21264922.jpg





エスカレーターを使って、1度も階段を使うことなく5号線ホームへ。
(空港鉄道→地下鉄なので、1度改札口を出ます。)
5号線・孔徳→エオゲ(애오개)→忠正路(충정로=チュンジョンノ)
→西大門(서대문=ソデムン)まで行きます。

f0337357_21395000.jpg
(いつも思うのですが、“エオゲ”は、漢字がないのだろうか??)




西大門駅到着!エレベーター・エスカレーターを使って地上に。
西大門駅の写真を撮ったつもりが、撮っていなかった…。
仁川空港から1時間ちょいで、ホテル到着です。
タラタラ♪プチ電車旅、なかなか楽しかったです060.gif

ホテルにチェックインしよう!

[PR]
by kasutera0141 | 2015-09-04 12:00 | 2015.8 ソウル・観光&交通 | Comments(0)