カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
カレンダー

カテゴリ:本・言葉・映画( 8 )




少し前の週末に映画「ピーターラビット」を見てきました!
とっても面白かったです106.png

“ピーターラビットシリーズ”でお馴染みの動物たちも、
たくさん出演していて~106.png
じいさんのマクレガーさんも、そのまんまで~106.png
映画は、オリジナルストーリーになっているんですが、
若いマクレガーさんも、なかなかの曲者で、そこが面白かったです。

ピーターたちが、また、ワルでね~。
あんないたずらをされたら、たまらんよ~105.pngって思いながら見ていました。

でも、やっぱり、ウサギってかわいいわ~。
ピーターたちは畑を荒らして、ニンジン、トマト、セロリなどを
美味しそうに食べているんだけど、
ウチのウサギは、白いゴハンと食パントーストが好きだったわ~
なんて思い出しました。

意外にも、ハロッズが撮影全面協力してくれたそうで、
ロンドンのハロッズ場面も、ワクワクしました~106.png

ピーターラビットのおはなしも、
湖水地方の美しい景色も、
ロンドンのハロッズも、
いろいろ楽しめて、ぜひ、続編もつくってもらいたいわ~169.png

f0337357_15554748.jpg







韓国映画「タクシー運転手」は、
公開2週目くらいの日曜に、新宿に見に行ったら、
「立見席まで含めて満席です」と…153.png
別の日に、別の場所で見てきました。

前半は、わりと、クスっと笑える場面もあったり、
当時の韓国ってこんな感じなのかな~なんて思ったり、
ソウルから光州まで、車で行ったら、どのくらい時間かかるのかしら~とか、
そのころ、高速あったのかしら~なんて思ってみていました。

が、後半は、怖かった…。
いろいろ考える前に、ただただ怖かったです。

なんか、上手く言えないけれど、
こういう原因で、
こういう状態になり、
こういう経過をたどって、
こういう考えが支配するようになり、
こういうことに不満を持つのは当然であり、
こういうことが起こる。

というように、昔をたどっていろいろ考えさせられました。

ウチの父は、このころよく韓国へ仕事に行っていたので、
いつも緊張感を持って行っていたのかな~と思いました。
いろいろな場面に遭遇することもあったみたいだし…。

今生きていれば、
ぴょんさんも一緒に、いろいろな韓国の話ができたのになぁと思います。


[PR]
by kasutera0141 | 2018-06-10 16:24 | 本・言葉・映画 | Comments(0)


1月の週末に、映画「パディントン2」を見てきました!
夜11時過ぎの字幕版は、観客も少なく、5人くらいしかいませんでした~。

もう、パディントンがかわいくて~❤
ぬいぐるみっぽくなく、実写的なクマなので、
ビミョーに“ケモノ”っぽい感じもするし、
ビミョーにキタナイ場面もあるんですけど…。
それでも、いい子でした、パディントンは。

パディントンは、話し方もとっても丁寧で上品な感じなんですが、
ちょっとドジだったり、ちょっと失礼なコトを言ったりして、
そこがまた面白かったです♪

f0337357_05535617.jpg





パディントンが居候しているお家も、
ロンドンの街並みも、
今回お世話になってしまう刑務所内でさえも、
とってもオシャレな感じで、かわいらしく見えました。

ヒュー・グラントがセコい男で登場するのも面白かった!
ホント、ハマリ役でした~。

パディントンは、いろいろドジなところもあるんだけど、
考え方が正しい。
まっすぐに、正しく生きることの大切さを、クマから学びました102.png

ヒュー・グラントとベン・ウィショーは、イギリスのドラマで(同性の)恋人を演じたそうで…。
「パディントンと恋人だったから、変な感じだった…。」と、ヒュー・グラントがインタビューで言っていました(笑)

f0337357_06240119.jpg






ぜひ、「パディントン3」を作ってもらいたいな~106.png





[PR]
by kasutera0141 | 2018-02-08 06:48 | 本・言葉・映画 | Comments(2)

f0337357_03401213.jpg




ようやく、映画「君の名は。」を観てきました。
この日は、週末。
夜11時過ぎから始まる回を(上映時間約2時間)。
映画が始まるまで、かなり時間があったので、キャラメルポップコーンを♪

この時間だからか、“粒”が小さいのが多くて、スプーンが欲しくなった…。
「牛丼屋さんで、“つゆだく”って注文できるじゃん。
ポップコーンも“粒大きめ大盛りで”って注文できるのかね??」
なんて話しながら待つ、疲れきった中年夫婦2人(笑)。

f0337357_03461187.jpg




あまりにも時間があったので、映画のポスターなんぞ撮ってみました。
そもそも、映画館に来るのも1年ぶり?くらいで…。
自分でチケットを買って入るのは、10年ぶりくらい?のような(~_~;)

左のジャニーズの子は、「未生」に出てた子だから、知ってるわ~。
右の女優さんは、今注目の女優さんですね。

f0337357_03531690.jpg






「ひるね姫」って、自分のことかと思いました(汗)。

f0337357_03551020.jpg






ちょっと不思議な設定のお話ですよね。
でも、なんとなく、いつのまにか引き込まれていく“羽海野チカ”ワールド。

f0337357_04014814.jpg





“イタキス”、映画になっていたとは知りませんでした。
キャンパス編か~。大学に行っても琴子、健気なストーカーだったよね(笑)。
入江くん、相変わらず冷たいしさ~。
私、台湾版の“イタキス”が好きすぎて、好きすぎて♥
日本でも、また再放送してくれたらいいのにね。

f0337357_04052621.jpg






今年のコナン映画は、関西が舞台なのでしょうか?
服部とかずはちゃんが準主役なのかな??
去年の映画は、黒の組織のあたりのことだったので、面白そうでした。
今、どのくらいまで話が進んでいるんだろう??
黒の組織が絡んでいるときは、見ておきたいわ。(テレビでやったら見ようっと。)

2015年の映画を観に行ったのですが、理解するのが、結構難しかった(~_~;)
コナン映画は、子供向けじゃないですよね~。

f0337357_04152203.jpg






「妖怪ウォッチ」の映像が流れているところに、ずっと座っていたので、
この“コアラニャン”っていうのが気になりました。何者ニャ??

f0337357_04185300.jpg







「君の名は。」は、
「ちょっとせつないけど、キュンキュン度が高い、高校生の恋愛♥」の話かと思っていました。
(全く予備知識がないまま、観に行きました。)
が、違いました。
途中、「!」となり、いろいろなことを思い出しました。
現実にあったことと、重ね合わせて見てしまう方も多かったのではないかと思います。
上映終了後、いろいろ考えてしまい、少し心が重くなったりもして。

背景がとっても美しいアニメでした。
主人公女子が住む田舎の風景が美しくてね。自宅の周りや高校までの道のりが。
美しい田舎だからこそ、また、せつなくなっちゃうのかな…。

随所に流れるRADWIMPS の音楽もヨカッタです。
主題歌である「前前前世」が流れるあたりは、
なんだかワクワク(+キュンキュン♪)して、楽しい場面が描かれていて、
高校生だったら、絶対ハマる~♥


と、疲れた大人2人、とんでもないことに気づく。
(映画内容とは全く関係ありません。)

「座席、間違えてた…(汗)」
“ H ”の列なのに、何のためらいもなく、“ F ”の列に座っていた…。
深夜上映だったので、劇場ガラガラで、誰も来なかったからよかったものの。
なんで、“ F ”に座っちゃったんだろうか…(-_-;)

飛行機でも、違う番号の座席に座っちゃったことがあったし(汗)、
2人いて、2人共気づかないって、どういうことよ?

自分たちの“老化現象”に、若干の不安を覚えた映画鑑賞となりました(-_-;)





[PR]
by kasutera0141 | 2017-01-14 05:18 | 本・言葉・映画 | Comments(0)

本の整理



今回、引っ越しをするときに、「本をもっと減らそう!」と思い、
近所の図書館に寄贈することにしました。
古本屋さんに売ってもいいのですが、少し破れているだけで買い取ってくれないし、
そもそも、近所に古本屋さんがなかったので。

f0337357_02462947.jpg
(DEAN & DELUCA のレモンのパウンドケーキ。
1切れが大きいので、2人でシェアしてちょうどいい感じ。)




確か、江國香織さんの「冷静と情熱のあいだ」の中に、
主人公・女子が、「本は、所有するものではない~。」的なコトを言って、
よく図書館で本を借りるシーンがあったような気がします。
(10数年読んでいないので、記憶が曖昧…。)

その頃は、「へぇ~」としか感じず、
図書館も近くになかったので、文庫本でもどんどん買っていました。
がしか~し、どんなに薄い文庫本でも、増えれば、どんどんかさばるわけで…。


f0337357_02521089.jpg
(こちらも、DEAN & DELUCA の、りんごのキャラメルなんとかのパン?だったような。)




これからは、全てのモノを減らしていく方向でいきたいので、
本とも、サヨナラしよう!

あ、そうだ!写真に撮っておけばいいんじゃ~ん。
と思って、写真に撮り始めたのですが、
量が多いのと、引っ越し日が迫ってきているのと、写真を撮る気力もなく疲れているのとで、
結局、最初の1回しか撮りませんでした~。

f0337357_02563802.jpg
元町珈琲・イオンモール幕張新都心にて。
ゆったりできるカフェでした。付属のラスクも美味!)




本は、スーツケースに8割くらいの量を入れて、徒歩で図書館へ。
もう重くて、重くて…。リヤカーを引いている気分でした。
歩くのがやっとで、青信号のうちに、横断歩道を渡り切れないという…。

f0337357_03060203.jpg





高校野球が好きなので、あさのあつこさんの「バッテリー」は、一気に読めました。
小澤征良さんや、雨宮塔子さんのエッセーで、プチ海外生活気分を。
ドラマ「白線流し」が大好きだったので、そのあたりの本も。
井上靖、遠藤周作の本は、読み始めると、徹夜してしまうほど物語の中に入りこめます。
「しろばんば」が面白くて、面白くて。これに続く物語も面白かったです。
もう1度読みたくなる本は、もうしばらく手元に置いておくつもりです。


f0337357_03120008.jpg




島根に住んでいたので、「砂の器」を身近に感じることができました。
奥出雲のあたりの言葉は、外国語のようで、全く聞き取れなくて…。
父の書棚にも、松本清張があったのですが、
子供のころ、背表紙の「けものみち」という題名を見て、
なんとなく不気味だなぁと思っていました。
たまに泊まりに来ていた祖母も、松本清張にハマって、よく読んでいました。

f0337357_03230063.jpg



このあたりの本は、特に興味ありません。ただただ、重い、かさばる…。
後ろにちょこっと見える、雑誌「クーネル」の束は、普通に古紙回収に。
読み物としても面白かった「クーネル」ですが、場所をとるので、捨てざるをえません。

f0337357_03264242.jpg


結局、5回くらいスーツケースで運びました。もう、それだけで、へとへと。
しかしながら、あと2割くらいは減らさないとなぁ…。
東京に戻って来たので、自分の“趣味”の雑誌は神保町に売りに行く予定です。
機会があれば、またブログに書こうかな。


[PR]
by kasutera0141 | 2016-03-10 12:00 | 本・言葉・映画

f0337357_15123944.jpg





先月末、新聞で、料理研究家の大原照子さんがお亡くなりになった、
という記事が目に留まりました。
大原照子さんの「1つのボウルでできるお菓子」という本は、私が初めて買ったお菓子の本。
作り方が簡単・シンプルなことと、材料もよくあるものでできるのが魅力的でした。
特に、りんごを使ったケーキがいろいろ載っていて、
秋冬にりんご在庫の多い我が家にとっては、「なるほど~」と思わせてくれる本でした。

f0337357_15284266.jpg




今年のバレンタインは、大原照子さんのレシピで、
チョコレートブラウニーを作ることにしました。

f0337357_15310716.jpg




といっても、
①バレンタインの季節、②果物在庫が多いとき、③引っ越し前の冷蔵庫在庫整理
のときしか、お菓子作りをしないので、いつまでたっても初心者です…。
(あと、超不器用なので…(-_-;))

f0337357_15392019.jpg
f0337357_15454644.jpg


大原照子さんのお菓子の好きなところは、見た目もわりと、素朴なところ(笑)!
着飾ったお菓子ではないところです。
たまに作ったにしては、まあまあの出来だったのではないかと…。
粉砂糖をふりたかったけど、夜スーパーに寄ったら、売り切れだった(涙)。

f0337357_15555809.jpg



この本には、甘いケーキのほかに、甘くないケーキも載っています。
「玉ねぎとベーコン」「ポテトとソーセージ」といった朝食にぴったりなケーキもたくさん♪
中でも(意外にも!)、美味しかったのが、「万能ねぎとじゃこのケーキ」!!
万能ねぎ、じゃこ、桜えびが入っているケーキ。惣菜パン的ケーキ。
久しぶりに作ってみたくなりました。


エンゼル型は、短時間で熱の通りもよく、出来上がりも「巨大ドーナツ」のような
かわいらしい?形になるので、大好きです。

f0337357_16474080.jpg



手軽にお菓子を焼く楽しさを教えてくださった大原照子さん、ありがとうございました。

f0337357_16520101.jpg

[PR]
by kasutera0141 | 2015-02-26 20:34 | 本・言葉・映画 | Comments(4)

ルパン三世を観に行く!


f0337357_02394446.jpg


ドコモ・プレミアムクラブで映画の券(↑コレ)が当たったので、
週末、「ルパン三世」を観てきました061.gif

内容は、「ルパン三世」そのものです。(ほかに言いようがない…。)
小栗くんの、「不っ二子ちゃ~ん」って言うのも、なかなかよかったです。
(陳腐な感想でスミマセン042.gif

なんの下調べもせずに行ったのですが、台湾のジェリー・イェン
(言承旭・台湾版「花より男子」の道明寺司)さんが出演していたのにビックリ!!
なめらかな日本語は、吹き替えなのでしょうか??
久しぶりに、美しいお顔を拝めて嬉しかったです053.gif

そして、韓国のキム・ジュン(김준・韓国版「花より男子」の美作あきら)さんが
出演していたのにも、ビックリ!!
キム・ジュンさんも、いつのまにか兵役から帰っていらしたんですね。

そういえば、小栗くんは、日本版「花より男子」の花沢類だったので、
みんな花男つながりだわ053.gifって思いました。

関西だと、水曜深夜に「花より男子」(日本版)の再放送をやっているので、
たまに見ちゃっているのですが、やっぱり面白いわ~。
(↑さっき、最終回だった…)
私の1番好きな場面は、つくしが道明寺を殴るシーンです047.gifスカっとするわ~。


f0337357_03050863.jpg

なんだか、「花より男子」な話になってしまいましたが、ルパンも面白かったです。
銭形警部もお若く、素敵な感じだったし。
華麗なる怪盗って、なんだかカッコよくていいですね060.gif





[PR]
by kasutera0141 | 2014-09-11 03:00 | 本・言葉・映画 | Comments(2)

辞書は、ワクワクする


久しぶりにK-POPを聴いていたときのこと。
ん?、これはどういう意味だろう??と思う歌詞があって、
いろいろ調べてみました。

どうしてこういうカタチに?元の単語は何だろう??と
辞書を片手に悪戦苦闘。

ネットも使って調べていくうちに、ようやく解決060.gif
こういうときって、とっても嬉しいです。

NHKの朝ドラ「花子とアン」で、主人公が、
「辞書を引いて、新しい言葉の意味がわかったときって、ワクワクして嬉しい」
みたいなことを言っているシーンがありましたが、
本当にそのとおりだなぁと思いました。

辞書だけで、完全に理解するのは難しいこともありますが、
ああでもない、こうでもないと言いながら調べていくのは楽しい作業。

で、結局、調べていた言葉は、「方言による表現」だったのです。
方言か~。ちょっと難しいなぁ。

f0337357_01055296.jpg
私の相棒の辞書は、ぴょんさんのおさがり。
これからもたくさんの「言葉」と出会っていきたいです。

[PR]
by kasutera0141 | 2014-05-07 01:17 | 本・言葉・映画 | Comments(2)

ユノが表紙の今週のAERA


今週の雑誌「AERA」(朝日新聞出版)の表紙は、東方神起のユノでした♪

f0337357_20450904.jpg
相変わらず、美しいわ~。
1人でインタビューに応じています。
いろいろ語っているようなので、後でゆっくり読んでみよう!!

ほぼ毎週、この「AERA」をササっと読んでいるのですが、
今どきの仕事のやり方、家族のあり方・考え方など、
「世の中にはこんな人がいるんだなぁ。」と思わせてくれます。

(でも、母は「あんまり面白くない…」と言っています…。
仕事も子育ても引退した母世代にとっては、興味のない特集ばかりだそうで…。)

連載の中で、一番楽しみにしているのは、最終ページの、
「冨田ただすけのしあわせの白ごはん」。

料理家の冨田ただすけさんが、白いごはんに合うおかずを紹介しています。
毎週、本当に美味しそうでたまらない060.gif

とりあえずしばらく、美しいユノさんをお部屋に飾っておこう!








[PR]
by kasutera0141 | 2014-04-30 18:40 | 本・言葉・映画 | Comments(0)