人気ブログランキング |

カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

カテゴリ:2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光( 17 )




空港に向かうには、まだ時間が早いので、
Gloucester Road 駅近くを、少し散歩することに169.png

大通りから、1歩小道を入ると、静かな住宅街。

f0337357_19212300.jpg






表紙の色ごとに並べられた、本のディスプレイ。
かわいらしい本屋さんでした。

f0337357_19232509.jpg





観光バスは、いろいろな種類がありました!
利用している人も、多かったです。

f0337357_19255740.jpg





ちょくちょくお世話になった「PRET A MANGER」。
駅前のパブも、深夜まで賑わっていました。

f0337357_19282318.jpg





観光都市では、気軽に借りられるレンタル自転車が必ずありますね!

f0337357_19303171.jpg





グロースターロード駅近くは、大型ホテルが結構ありました。
BAILEY'S HOTEL(ベイリーズホテル)”も、駅近で便利そうだな♪

f0337357_19373473.jpg




観光客も多いので、両替所は、駅近くだけで、
6か所くらいは見たような気がします。
レートは、それぞれビミョーに違っていました。

f0337357_19395299.jpg






丸の内にも、こんな↓バスがいるような気がする…。

f0337357_19423571.jpg





毎日通った駅前の交差点。
青信号でも、左折する車がガンガン突っ込んでくるので怖かったです。
交通事故には、要注意だわ146.png

f0337357_19461109.jpg




郵便局で切手を買って、ハガキをポストに投函。
旅行恒例、ぴょんさんに出してみた。

f0337357_19480201.jpg





1週間後くらいに、無事到着。
チューブライン名入りのしおりは、V&A museum で購入。
クマは…?

f0337357_19504520.jpg






ヒースロー空港のハロッズで購入。
現金が余っていたのと、
「Please look after this BEAR Thank you.」
というメッセージを見てしまったので106.png
いつか機会があったら、パディントン駅にも行ってみるね~。

f0337357_19550093.jpg





今回の旅では、
“絶対に、ぬいぐるみのたぐいは買わない!”と話していたのに、
お互い、買ってしまったダメ夫婦103.png

左端のクマは、旅行中ではなく、
一昨年くらいに、三越のハロッズ閉店セールで、ぴょんさんが購入。
なんとなく、一緒に並べてみました♪
ミッフィーは、ぴょんさんが帰りのオランダ航空機内で買った(^^;)

f0337357_19585005.jpg







街で見かけるお花屋さんの花束も、
日本とは少し違った色合いで、新鮮♪

f0337357_20044501.jpg





Gloucester Road 駅(Circle & District 線)のホームが、
とってもかわいらしかったです!

f0337357_20074700.jpg





ニワトリの足みたいなのとか、タマゴみたいなのとか。
テーマパークの駅みたいでした102.png

f0337357_20094261.jpg




ホテルで荷物をピックアップしてから、空港へ(→)。
久しぶりのロンドンは、
とっても美味しくて、とっても楽しい街でした106.png
まだまだ行きたいところが、たくさん!!

ロンドンのガイドブックやサイトや、テレビ番組を見ながら、
思い出に浸っています♪
特に、キューガーデンのインスタで、
移りゆく季節の、美しい植物の写真に癒されています179.png

今年は無理だと思うけれど、また数年のうちに行けたらいいなぁ110.png
2018年8月 ロンドン旅行記、終わり。


by kasutera0141 | 2019-01-13 00:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光

f0337357_14270013.jpg





ロンドン最終日。
ホテルをチェックアウトして、てくてく歩くこと数分。

オープン時間10:00少し前に到着。
正面エントランス(Cromwell Road)前は、ものすごい行列!
入るのに時間がかかりそうだったので、
正面向かって右側の、“Exhibition Road”から入ることにしました。
開館と同時に、待つことなく、スムーズに入ることができました♪

f0337357_14491251.jpg
(この↑奥の長~いエスカレーターを上っていくと、
上の階に、火山・地震の展示エリアがあります。
阪神大震災と同じ揺れを体験するコーナーなどがありました。)






“大人も子供も楽しめる~”というふうに書いちゃいましたが、
実のところ、
恐竜だとか、生物の進化だとか、化石だとかにあまり興味がない…105.png
しかしながら、自然史博物館は、建物が素晴らしいし、
館内を、ぶらぶら気軽に散歩するだけでも楽しそうなので来てみました。
そして、お土産物も、面白そうなモノがありそうなので105.png

唯一興味のある展示は、“鳥”の剥製のところ。
鳥って、本当に怖いデス…(個人的感想)。

f0337357_15160196.jpg




怖いモノ見たさに、じっくり観察してしまうわ…。
写真の撮り方が、イマイチなもので105.png
何を撮っているのかよくわからない図↓↓

f0337357_15191594.jpg





目つきが悪いけれど、なんだか哀れな感じがする…。
“ハシビロコウ”

f0337357_15240817.jpg





こ、これは…、
もはや、鳥ではなく、羊の域に入っているような…。
こちらもやはり、目つきが悪いが、なんとなく哀愁を感じる眼差し。
そして、足が太い!

f0337357_15282474.jpg




鳥って、目つき悪いけど、
よく見てみると、なんとなくかわいらしさもあるな♪
と思いながら、鳥コーナーを後にし、
次に出会ったのは、この骨↓↓
何をしているのか…。

f0337357_15320016.jpg






メインエントランス入ってすぐのところにあるホール。
とにかく、多くの人で賑わっていました!
夏休み期間だったので、子供や学生の集団も多かったです。

f0337357_15370551.jpg





何の骨だかよくわからないけれど、
上から、ものすご~く大きな骨がぶら下がっているので、
見入ってしまうわ…。

f0337357_15481841.jpg




後ろから見ると、意外と尾?が長い。

f0337357_15552517.jpg





ついでに、横からも見てみる。

f0337357_15570437.jpg






11時を過ぎるころには、ますますたくさんの人が!
朝1番か、閉館間際が空いているらしいけれど、
朝1でも、かなりの混雑でした(~_~;)

あぁ、私もどこかに座りたくなってきたわ…。
たぶん、ダーウィンさん↓↓

f0337357_15520543.jpg





こうして見ると、
エントランスすぐのところのホールだけでも、かなり広い~。
正面の階段を上ったところにいるのが、ダーウィンさんの像。

f0337357_16044310.jpg





人が少なくてホっとする“鉱物コーナー”。

f0337357_16120951.jpg





あら、こんなところにニワトリさんが。
(館内をどう歩いているのか、もはや覚えていない…。)

f0337357_16150732.jpg






この後、大人気・大混雑の恐竜コーナーを、サラっと見て、
どこかのベンチで一休み152.png
子守に疲れたお父さんたちが、たくさんいました(笑)

お土産物は、Exhibition Road 側のエントランス近く、
Earth Hall(長いエスカレーターのあるところ)で、
買いました。
50%オフのものが、いろいろあってヨカッタです102.png

PRESTAT(プレスタ)”(老舗チョコレート店)の、
チョコレートやココアが半額だったので、買ってきました。
賞味期限がせまってきているのかな?と思ったのですが、
まだまだ先だったので、商品入れ替えのためのセールなのかな??

f0337357_16360547.jpg
(右:ココアパウダー 左:板チョコ 
チョコレートは、他にもいろいろありました。)





館内に数店舗あるお土産物屋さんは、
場所ごとに取り扱っている商品が違うので、
欲しいモノは、そのときに買ってしまうほうがいいのかな、と思いました。
あと、イギリスでは珍しく、
カードが使えず、キャッシュオンリーでした!(2018.8)
いろいろ改修工事をしているためなのか??
ずっとカード不可ってことはないような気がするけど…。

f0337357_16491208.jpg




いつかまた行く機会があったら、
次は、哺乳類のコーナーをじっくり見てみよう~102.png


by kasutera0141 | 2019-01-11 00:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光

f0337357_00100308.jpg






初めてのキューガーデン179.png
小雨が降ってきたので、大きな木の下で雨宿り176.png(→)した後は、
素敵カフェのある“オランジェリー”から、
熱帯温室の“パームハウス”まで、のんびりお散歩。
小道沿いには、季節のお花がたくさん!

f0337357_00155897.jpg





雨もあがって、爽やかな気候の中、
お花を見ながら歩くだけで、
ワクワクした気分になります179.png

f0337357_00175225.jpg





午後になると、だんだん人も増えてきました。
世界各国から観光客が来るので、
いろいろな国の言葉が飛び交っていました。

f0337357_00203774.jpg




時折、ベンチで休憩しながら、ゆっくりとお花を眺める。
心癒される贅沢な時間。

f0337357_00223844.jpg





熱帯温室は、先ほど見たので、
お次は、大改修を終えたばかりの、
“Temperate House” の方へ行ってみようかな。

f0337357_00251115.jpg





熱帯温室のパーム・ハウスよりも、とっても大きい!
テンペレートハウスは、その名の通り、
温帯に生息する植物を扱っているそう。
中に入っても、ムシ暑くない~(≧∇≦)
窓も開けっぱなしで、外の空気が入ってくる感じだったので、
歩いていても、心地よかったです。

f0337357_00363434.jpg






熱帯温室と同じように、
世界各地域ごとに植物が植えられていました。

f0337357_00384149.jpg






熱帯温室と比べ、広いということもあり、
とても開放感がありました。

f0337357_00422400.jpg





階段を上って、上からの温室の眺めも素晴らしいとのことだったのですが、
だんだん疲れてきてしまい、上に行く元気がなかった…。
(この後、テンペレートハウスから、エントランスまで
歩かないといけないし…。←結構距離がある。)

f0337357_00464840.jpg





日本に生息するヤシの木かしら??

f0337357_00531564.jpg






テンペレートハウスを出ると、再び雲行きが怪しくなってきました。
不安定なイギリスの天気。
雨に降られないうちに、
エントランス(ヴィクトリアゲート)まで行かなくては!

f0337357_00572717.jpg






エントランスまでの道は、巨樹がたくさんありました。
本当に、キューガーデンは、さまざまな植物と出会える癒しの空間でした102.png

f0337357_01091370.jpg






ヴィクトリアゲート近くのお土産物屋さんは、
とても大きくて、ガーデニンググッズから、文具、食品、雑貨類まで
いろいろなものを売っていて、見ていてとても楽しかったです。

f0337357_01133990.jpg





私も、ちょこっとだけお買い物を。
大きなエコバッグと、マグネット、ポストカード。

f0337357_01161256.jpg





ロンドン中心部から、さほど遠くなく、
駅からも近いキューガーデン。
機会があったら、またいつか必ず再訪したいです106.png

f0337357_15580220.jpg




by kasutera0141 | 2019-01-02 00:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光

f0337357_21282014.jpg






初めてのキューガーデン179.png
乗り放題トラムで園内1周をした後(→)は、
Palm House という温室へ行ってみました。

f0337357_21481441.jpg





扉を開けて、中に入ってみると、かなりのムシ暑さ!
“熱帯雨林気候”状態になっているのでしょうか??
アジア、アフリカ、といった感じに区分けされていて、
ジャングルのような温室でした。
“食べられる植物”がたくさんあったような気がします
果物の木とか、なんかの木の実とか←

f0337357_21534972.jpg





私は、なぜ、コレ↓↓を撮ったのだろうか??謎…。

f0337357_21551748.jpg






暑くて、植物たちも汗をかいているのか??
とそんなわけもなく、定期的にきちんと水がまかれているようです。

f0337357_21571877.jpg





階段を上がって、上から温室全体を眺めることができるそうなので、
私も上に行ってみました。
生い茂る木々。上からみても、ジャングルはジャングルだわ~(-_-;)

f0337357_22015476.jpg





温室を出て、外へ。
あぁ~やっぱりイギリスの気候は、湿度が少なくていいな♪と思った瞬間。
あぁ~こんな広々としたところで、ゴロゴロしたいな♪と思った瞬間。
がしかし!地面をよ~く見ると、何気に鳥のフンが多いような…(-_-;)
むやみに、ゴロゴロしてはいけない!と思った瞬間。

f0337357_22071480.jpg
(キューガーデンでピクニックをするときは、
場所を選んだほうがいいのかも119.png






パーム・ハウスの裏口側にあるローズガーデンも少し見てみました。
バラは、やっぱり、ほぼ終わりかけていました134.png
6~7月くらいが見ごろなのかな??

f0337357_22130253.jpg

f0337357_22133519.jpg





小関由美さんのティールームの本にも書いてあったのですが、
キューガーデンは、ヒースロー空港にわりと近く、
頭上を、ひっきりなしに飛行機が飛んでいきます。
日本では、あまりお目にかかったことのない
航空会社の飛行機を見るのも楽しかったです。

それにしても、広いわ、キューガーデン。
はるか彼方にみえる、パゴダの塔。

f0337357_22183272.jpg







そして、2回目のキュー・エクスプローラー乗車。
“オランジェリー”で下車し、
“Kew Palace”という建物を見学することに。
1631年に建てられ、ジョージ3世ファミリーの私邸だったそう。

f0337357_22285755.jpg





その建物入口の、係りの女の子がとてもキュートで♪
このお衣装は、1800年代のものなのかしら??
建物入ってすぐのところに、日本語のパンフレットがあるので、
ぜひ、もらっていってください、とのこと。
王様一族が住むには、わりと小さめなお家でした。

f0337357_22344767.jpg
(笑顔がチャーミングなお嬢さんでした♪
建物、お部屋の説明などをしてくれました。)







キューパレスの裏側のお庭も、キレイに整えられていました。
この後、空が少し暗くなり、ポツポツ雨が…176.png

f0337357_22402854.jpg




イギリスの、“シャワー(=にわか雨)”176.png
カミナリが鳴っていたわけでもないので、
こんな↓大きな木の下で、ちょっとのあいだ雨宿り。

f0337357_22520087.jpg




雨宿りをしていると、目の前を鳥が横切っていきました。
のどかだわ110.png

f0337357_22553536.jpg





by kasutera0141 | 2019-01-01 09:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光

f0337357_18003359.jpg






ティールーム「NEWENS(→)」を後にし、
てくてく歩いてやってきたのは、

世界遺産にもなっている広大な庭園。
こちらに伺うのも、と~っても楽しみにしていました179.png
お天気のいい日に来たいな~と思っていて、
旅行2日目に予定していたのですが、
初日に、“お風呂で滑ってケガをする(打撲?打ち身?)”状態となってしまい、
2日目は、ホテル近辺でおとなしくしていました…134.png
天気も、スコールのような大雨になったり、やんだりでビミョーだったし117.png
この日のほうが、お天気が少し安定している感じでヨカッタ174.png

f0337357_18120592.jpg
(パーム・ハウス<温室>前の大きな池にて。
なんてことない、園内のカモの集団。)







広大な庭園なので、1日で全部周るのは無理らしい。
行きたいところを、絞った方がいいらしい。
参考にしたのは、
あぶそる~とロンドン」さんのサイト内の、
UK☆エコ・ガーデニング格闘記」というエッセイです。

私が行く少し前の、7月の訪問記が載っていて、
夏の園内の様子がよくわかりました。
どのスポットも、わかりやすく書かれていて、とても参考になりました102.png

f0337357_18273933.jpg
(園内にある“Kew Palace”)





植物に、ものすごく興味があるわけではないので105.png
なんとなく庭園全体の雰囲気を楽しめればいい、
大改修が終わった“テンペレート・ハウス”を見てみたい、
なんとなく、キレイなお花があって、のんびりできればいい
お土産物屋は、しっかり見ていきたい、
というのが、私の希望するところ179.png

f0337357_18373724.jpg
(歩いているだけでも、癒される空間でした。)






エントランスは、行列もできておらず、すんなりとチケットを購入できました。
「中国人ですか?」ときかれたので、「日本人です。」と言ったところ、
外国人用の、何か国語かで書かれた、簡単なパンフレットをいただきました。
50ポンド札は、街中のお店で、なんとなく使いづらいので、
こちらでチケットを買うときに、使っちゃいました。

f0337357_18442469.jpg
(この日は、晴れ→くもり→小雨→すぐにやんでまた晴れ174.pngというお天気 )






“キュー・エクスプローラー”という園内を1周するトラムがあるとのこと。
乗り放題チケット(5ポンド)があるので、
園内に入ってから、出発停留所前で購入。
5ポンドなのですが、現金不可でカードのみ。
チケット売りのオジサンが、
「すぐに出発するから、乗って~。」と、
空いているお席まで案内してくれました。
11時くらいの出発だったかな??
ほぼほぼ満席で、園内1周の旅へ出発~169.png

f0337357_21380968.jpg
(パーム・ハウス前をゆっくりと走る“キュー・エクスプローラー”)







園内の見どころを説明しながら、周ってくれるトラム。
歩かなくても、園内全体を把握できるので、
とっても楽だわ~106.png

ガイドさんの説明が、ちょっと面白おかしく、
ジョークを交えながら言っているようで
(ディズニーランドのジャングルクルーズ的な)、
隣りに座っている50代くらいのご夫婦?のオジサンが、
いちいち、大笑いしていました105.png
その大笑いにつられて、なんとなく私も笑っちゃう~105.png

f0337357_18544421.jpg
(今回は見学できなかった“Great Pagoda”
この近くには、日本庭園もあるそうなので、次回はぜひ見学したいです。)






簡単な説明は、なんとなくわかっても、
英語ジョークの細かいところまでは、わからないので(-_-;)、
「隣りのオジサンは、あんなに笑っているけど、
ガイドさん、そんなに面白いコト言ってるのかしら…。
英語がわからなくて、笑っていないの、私だけかしら…。
なんか残念だわ…。」と思い、
何気なく、後ろを振り返り、他の乗客の方々を見てみると、
みんな、たいして笑っていなかった~103.png
オジサンのリアクションが、大きいだけだったのね。
なんだか、変に一安心(笑)。

f0337357_19034304.jpg
(途中の停留所近くにあったオブジェ。)





トラムに乗っている途中で、クジャクがいました!!
昔読んだ“地球の歩き方”に、
「クジャクがいる」って書いてあったけれど、
本当にいるんだ~146.png と、ビックリ146.png
羽、広げていたわ~。
自分の座席と反対側方向にいたので、写真は撮れず134.png

トラム乗客のほとんどの方が、
“The Orangery”で降りていきました。
この、オランジェリーのカフェは、素敵な感じでした177.png
結婚式のパーティーなども、行われるそう。

f0337357_20133833.jpg
(夏休み期間だったからか、平日でも大混雑。)







トラムは、だいたい40~50分くらいで園内を1周。
スタート地点に戻ってきて、温室(Palm House)などを見学した後、
2度目の乗車のときに、みなさんと同じように私も、“オランジェリー”で下車。
トラムは、出発時間が決まっているので、
時間をチェックしながら、園内を楽しみました。
(夏は、30分に1本くらいらしい。意外と少ない…。)

f0337357_20222199.jpg
(天井が高く、白を基調とした室内は、
とても明るい感じのオランジェリーのカフェ。)







さてさて、園内を1周して、だいたいの様子・位置が把握できたので、
お次は、歩きながら植物を満喫しに行きます102.png

f0337357_20270429.jpg



by kasutera0141 | 2018-12-31 12:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光

f0337357_19000860.jpg






ロンドン5日目。
ぴょんさんが、日本に帰国したので、今日から再び1人ロンドン日記。
この日は、地下鉄に乗って、「Kew Gardens(キューガーデン)」へ。
ず~っと行きたかった、キューガーデン!!

f0337357_18415508.jpg





グロースターロードから、地下鉄で1本で行けるので便利。
ただ、地下鉄の行き先が3方向くらいあるので(Wimbledon 行きなどは×)、
必ず、Richmond 行きに乗ります。
9時半、数秒過ぎに改札を入って、
オフピーク価格(昼得みたいな=少し運賃が安い)で乗りました。
どのくらい乗ったかな、30分も乗っていないような…20数分くらい?で
“Kew Gardens”駅に到着。
地上にある駅で、なんだかとってものんびりとした感じの駅102.png

f0337357_18320825.jpg






ロンドン中心部から地下鉄で行くと、キューガーデン駅改札口を出て、
反対ホーム側の出口が、キューガーデン方向なので、
地下道を通って、反対方向駅出口へ。

あぁ~、なんて静かな駅なんだろう!
どことなく、のんびりとした郊外という感じで!
よく寝たせいか、気持ちも、心も、体も、荷物も軽~い!
ん?荷物、軽すぎない??
と思ったら、Wi-Fi ルーターをホテルの金庫に忘れてきちゃったよ~153.png
ありゃりゃ~153.png
カフェとかのfree Wi-Fi のあるところしか、ネット使えないのね…。
ま、なんとかなるか~。

行き帰りに、駅の写真をいろいろ撮ったので、まずはそちらを~。

f0337357_19071907.jpg
(ロンドン中心部に帰るときの駅のホームから)





待ち時間が10分くらいあったので、駅にいるみんなを撮ってみた。
空いてる時間に、スマホをいじるのは万国共通。

f0337357_19110051.jpg






反対側ホームに電車到着。
次の駅が、Richmond 駅(終点)。

f0337357_19135601.jpg






そして数分後、再び反対側ホームに電車が。
これも、Richmond 行きかしら。
ロンドン中心部行きは、なかなか来ないわね…。

f0337357_19175515.jpg





キューガーデンの近辺って、とても静かな住宅地という感じでした。
ロンドン中心部まで、そんなに時間もかからないし、
住み心地のよさそうな街だなぁと思いました。

f0337357_19213996.jpg





おっ、私が乗る電車がやっと来た~102.png
わりと早く着くから、寝過ごさないようにしないと!
平日の午後、車内もあまり混雑せずに、ゆっくり座って帰りました。

f0337357_19251455.jpg
(ロンドン中心部方面を通る、District 線・Upminster 行き。)





以上、
「待ち時間が結構あったので、
のどかな Kew Gardens 駅をいろいろ撮ってみた」
でした~102.png

さてさて、キューガーデンに行く前に、少し寄り道をしていくことに111.png



by kasutera0141 | 2018-10-14 10:17 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)


本屋さんに寄った後(→)、
ランチしに行く途中、ハイストリートケンジントン駅近くで、
「日本??」というものを発見。

f0337357_20542644.jpg






なんだろう?と思って中に入ってみると、
JAPAN HOUSE」という“日本のいろいろ”をPR する
文化センターというか、物産館というか、そういうところらしい。

6月くらいだったか、
ロンドンに、ジャパンセンターがオープンするというニュースを、
たまたま見ていて、
ピカデリーあたりにできたのかな~と思っていたら、
ハイストリートケンジントンだったとは!!
確かに、日本の文化を上手くPR したら、
興味を持ってくれそうな人々が多そうな界隈かもしれない。
街全体が、なんとなく落ち着いた雰囲気のあるハイストリートケンジントン。
いい場所を選んだな、と思いました。

f0337357_21004549.jpg






日本各地の、“職人さんがひとつひとつ手作り”しているような品々が、
いろいろ展示されていました。
よく見なかったけれど、販売もしているのかな??
その地に行ったら、ぜひとも買いたいな~なんて思うようなモノがたくさん!

f0337357_21061188.jpg
(京都・辻和金網の品々。)





この日は、日曜ということもあり、わりと人が多かったような気がします。
みなさん、熱心に“ニッポンの逸品”を見ていました。
観光PR コーナーや、日本の書籍コーナーもあり、
美しい写真のパンフレットや、芸術品のような本もおいてあり、
“和”を感じることができるんじゃないかと思います。

f0337357_21115366.jpg






ちょっと高級だけど、日本の丁寧な手仕事が感じられる、
本当に良いものを知ってもらうには、いい機会かもしれません。
その“一品”に興味を持ったことをきっかけに、
その地を訪れてもらえたらいいな♪と思います。

f0337357_21163816.jpg





期間限定の展示でしょうか??
ロンドンで、柳宗理のデザインに出会えるとは!

f0337357_21194695.jpg





あ、そういえば、地下にお手洗いがあるんですが、
素晴らしかったです!
日本だと、別にフツーだと思うのですが、
TOTO のウォシュレットつき、最新タイプ?のような感じでした。
ロンドンで1番いいトイレなんじゃないか!と思いました(笑)
私は、お外では、ウォシュレットを使わないので、あまり関係なかったけれど。
ウォシュレットを試してみたい!!というイギリス人は、
ココで試せますね(笑)
実際、手を洗っているときに、お隣りで手を洗っていたイギリス人?女性は、
びっくり&感動していました102.png

f0337357_21273683.jpg
(柳宗理の作品いろいろ)






JAPAN HOUSE の中に、日本食レストランがあるようなんですが、
メニューを見てみたところ、
美味しく美しい、本格的な日本料理がいただける感じでした。
日本に興味のあるイギリス人を連れて行ったら、喜ぶだろうな~と思いつつ、
私たちは、イギリスならではのゴハンを食べに行きま~す110.png






by kasutera0141 | 2018-10-02 23:03 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)

f0337357_17571441.jpg







クリームティーの朝ごはんの後(→)、バスに乗って、
High Street Kensington(ハイストリートケンジントン)駅近くの、
デザインミュージアムにやってきました。

グロースターロードからは、
地下鉄だと1駅、駅から歩いて10分くらい。
バスだと、グロースターロード駅改札口出てすぐのバス停から、
49番バス(→)に乗って、“The Design Museum” 停留所下車、スグ。
バス乗車時間15分くらい?です。

※49番バスは、途中、ケンジントンガーデンズの入口前を通過するので、
ケンジントン・ガーデンズをお散歩するときは、
“Place Gate” で下車するといいかと思います。

f0337357_18140398.jpg








2016年に、タワーブリッジ近くから移転してきたという
コンランショップのコンランさんが設立した美術館。

こちらの美術館も、常設展は無料。
家族で、ふらりとお散歩感覚でいらしている方も多かったような気がします。

f0337357_18313339.jpg








美術館の外にあったオブジェ。はて?って感じ??笑104.png

f0337357_18341344.jpg








美術館は、1階から3階までの吹き抜けになっています。
(地下階もアリ。企画展などのお部屋がある。)
展示物の数・量から考えると、とてもゆったりとした造り。
ワークショップや、何かの会議・作業なども行えるように、
いろいろなお部屋が用意されているみたいです。

f0337357_19501151.jpg






美術館建物の“屋根”が特徴的だけど、
屋根全体は、上手く撮れないわ…134.png

f0337357_18470072.jpg







常設展のテーマが、
「Designer Maker User」なので、
常設展入口のところの、看板みたいなのが(←言い方(-_-;))、
“Designer” から、
f0337357_18552562.jpg
(“Design”までしか写っていないけど、
“Designer” と表示されていたハズ…。)


“User” や、“Maker”という表示に変わるらしいです、たぶん。
f0337357_18571589.jpg








こうしてみると、暮らしの中、生活の中のモノひとつひとつに、
“デザイン”があるんだなぁと。

f0337357_19125220.jpg







も、木製キッチン!?
f0337357_19182173.jpg







ポット、やかんのたぐい、いろいろ。
イマイチ写真なんで、見づらいんですが105.png
やかんも、いろいろなデザインがありますよね。
“やかん”、って言うより、“ケトル”って言ったほうがカッコイイけれど、
普段、“ケトル”って言わないしな…。
使いやすくて、かつ美しいデザインのモノがいいな♪

f0337357_19242200.jpg






ソニーの歴代の主力製品を展示するコーナーなどもありました。
(その他、アップルとブラウン製品も。)

f0337357_19275784.jpg





昔から、家電など電気製品に、さほど興味がなかったため、
とくに、「わぁ~❤」という懐かしさの感動もなかったのですが、
普通に、「あ、ああいうの昔あったわ!」っていう懐かしさはありました。

f0337357_19344948.jpg






企画展は、去年亡くなったファッションデザイナー、
アズディン・アライアさんの作品展。
亡くなったので、展示会を開催したわけではなく、
ご本人も、この展示会を準備されていたとか。
その準備期間中に、お亡くなりになったとのことです。

f0337357_20035049.jpg







アズディン・アライアさんのドレスかしら??
その奥は、ミュージアムショップ。
美術館に来たら、ショップを見るのも、お楽しみのひとつ169.png

f0337357_20154320.jpg







ミュージアムショップでは、かわいらしいデザインの絵本を。
ロンドンの観光案内本。
1つ1つ細かく描かれているところも、色使いもかなり好きだわ♪
MARCOS FARINA さんというイラストレーターさん作の絵本。

f0337357_13005543.jpg






デザイン・ミュージアムのすぐお隣りは、
「Holland Park(ホランド・パーク)」
お天気がよかったら、少しお散歩したかったなぁ。
ポツポツ小雨が降りだして…176.png
イギリスらしいお天気の日でした。

f0337357_20230190.jpg






このホランドパーク内には、日本庭園もあるんですって~!
機会があったら、ゆっくりお散歩しに来よう~174.png

f0337357_20283574.jpg




ではでは、駅方面へ歩いて行こう~101.png


by kasutera0141 | 2018-09-26 13:06 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)


スローンスクエア界隈を楽しんだ後(→)は、一旦ホテルへ戻りました。
ものすご~く眠くて152.png
15分くらい、ベッドにゴロンとしたいわ~と思っていたのに、
ホテルのお部屋のお掃除が終わっていなかったので(涙134.png)、
ロビーで半寝、笑。
※半寝…半分くらい目をつぶったまま、ボケ~っと117.pngすること(笑)

しばらくのあいだ、ボケ~っと、頭と目を休ませていると、
ぴょんさんが来たので、再び、出かけることにしました。
74番バスに乗って、Marylebone(マリルボーン)方面へ。

f0337357_12143703.jpg
(ラディソンブルエドワーディアンホテルから、バス停方面へ。
ホテルからは、74番バス停は、徒歩3分くらい。)





この74番バスのルートは、なかなか便利だと思うので、
ちょっと詳しく書いておきます。

バスルート参照・ロンドン交通局HP→こちら
交通局HP 内のBuses検索から、74番で検索→こちら
Baker Street Station 行きを表示。⇔で、逆方面行きのルートが表示。
※注意書きがある場合は、要注意150.png
工事などによって、バス停が閉鎖されている場合があります134.png

Gloucester Road Station から、Baker Street Station 行きに乗ります。
Gloucester Road 駅前にあるバス停は、49番バス乗り場なので、
CROWNE PLAZA ホテル前の通り(Cromwell Rd)のバス停から乗車。
(ちょうど、ibis STYLES ホテル前にバス停がある。)

※以下、写真使いまわしです<(_ _)>
f0337357_00355261.jpg
(左側に写る、白地に黄緑色の旗が、ibis STYLES ホテル。
英国国旗が掲げられているところが、CROWNE PLAZA ホテル)








ラディソンブルエドワーディアンホテル前を過ぎたあたり。
しばらく、Cromwell Rd を直進。

f0337357_12584405.jpg







博物館の真ん前・正面エントランスではなく、
Queen's Gate エントランス近く。
Gloucester Road Station 停留所からは、歩ける距離。

f0337357_00403832.jpg
(自然史博物館の Queen's Gate 側エントランスは、
いつもオープンしているわけではなく、
繁忙期?などに、オープンするらしいです。)







South Kensington 駅を通るので、
バスは、ずっと大通り(Cromwell Rd)を行くわけではなく、右折。
ぴょんさんの泊まっていた、The Gainsborough Hotel の前を通り、
South Kensington 駅前へ。

f0337357_00593245.jpg
(ぴょんさんの泊まっていたお部屋は、イマイチな感じだったけど105.png
HP を見ると、素敵なお部屋もたくさんあるらしい♪)






South Kensington 駅から再び、Cromwell Rd へ。

f0337357_11034773.jpg
(Alfred Waterhouse=アルフレッド・ウォーターハウスの設計、
ロマネスク様式の建物である自然史博物館。)







V&A Museum 停留所で、結構たくさんの人が乗ってきました。

f0337357_00203162.jpg







Harrods(ハロッズ)停留所でも、乗り降りが多かったです。

f0337357_03312124.jpg







Knightsbridge Station 停留所を過ぎて、

f0337357_16391193.jpg








f0337357_04042813.jpg








Hyde Park Corner Station 停留所。
バス停左側に行けば、Hyde Park(ハイドパーク)
写真後方に小さく写っているのは、
ナポレオン軍を破ったウェリントン公を記念して造られた、とのこと。

f0337357_11172685.jpg
(ウェリントン・アーチから、
グリーンパーク、バッキンガム宮殿方面へと行けます。)








バスは、左折。
ハイドパークを左に見ながら走っていきます。
ハイドパークの入口の1つ。

f0337357_11260437.jpg







さらに、ハイドパーク沿いを進むと、
何かの像が。誰?
Achiless Statue”。トロイ戦争の英雄アキレスの像ですって。ふーん154.png

f0337357_11291864.jpg






左側は、ずっとハイドパーク。
Dorchester Hotel 停留所、Marble Arch 停留所を過ぎて、

f0337357_11315250.jpg
(路線バスであるダブルデッカーのほかに、
観光バスもたくさん走っている道路でした。)






バスは、賑やかなショッピング街、
Oxford St.(オックスフォードストリート)方面へ。
このあたりから、降りる準備をしているので、写真なし。

①Portman Street / Selfridges 停留所。
74番バス・Baker Street 行きは、
SELFRIDGES(セルフリッジ)=デパートの真ん前に止まるわけではなく、
少し離れたところに止まります(たぶん)。
②George Street 停留所
③Dorset Street で下車。

※①、②、③の停留所は、
一方通行道路の停留所に止まるため、
行き帰りで、バス停の場所が違う通りになるので、注意です。

f0337357_11462475.jpg
(ありがとう、ダブルデッカー!
2階席から、さまざまなロンドンの街並みが見られて楽しかったです106.png





この後、74番バスは、
終点、Baker Street Station へ。
シャーロックホームズ像、
機会があったら、シャーロック・ホームズ博物館は、行ってみたいな102.png



さてさて、
Dorset Street で、バスを降りた後は、
Marylebone High St.(マリルボーン・ハイストリート)方面へ。
ちょこっとお買い物をしに169.png



by kasutera0141 | 2018-09-11 17:33 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)

f0337357_00153157.jpg






ロンドン3日目。
朝食をとった後、ぴょんさんの宿泊しているホテルへ行ってみました。
歩いていける距離らしいけれど、
地下鉄に乗りたかったので、1駅乗って行きました。
グロースターロード→サウスケンジントン1駅。

f0337357_00172825.jpg
(グロースターロードもサウスケンジントンも、
チューブが3路線通っているので便利。)








サウスケンジントンの駅から徒歩5分くらいのところ。

f0337357_00255123.jpg








ロビーは素敵な感じでした~。
落ち着く感じ。
f0337357_00275351.jpg







絵画が飾ってあって、
ゆったりできる椅子があって、
暖炉があって、素敵じゃないの~❤

f0337357_00295821.jpg







こちらが、フロント(らしい)。
こじんまりとしているけれど、立派な椅子や、シャンデリアがあって、
いいじゃないの~❤

f0337357_00321798.jpg







フロント横には、無料でいただけるコーヒーコーナーがあって♪

f0337357_00340904.jpg





ロビー横には階段。
エレベーターは、とっても狭い!
3人乗ったら、満員!って感じで。

f0337357_00401344.jpg





ぴょんさんのお部屋も行ってみたのですが、
ものすご~く狭いお部屋でした~105.png
(洗濯物も干してあったので、写真なし119.png
3階で、エレベーター降りてからお部屋までが、迷路みたいでした。
イギリスの古い建物って、みんなこんな感じなのかしらね??

「ウチの部屋は、狭くてシャワーだけ(バスタブなし)だけど、
ハンドシャワーだから177.png
ふ~ん。ハンドシャワーのほうが使いやすくていいよね116.png

f0337357_00593245.jpg
(74番のダブルデッカーが、こちらのホテル前を通ったので、
2階席から撮りました。)







あとは、
カードキーがすぐに壊れて、部屋のドアが開けられなくなること数回。
そのときは、フロントで、カードキーに、再度データを入れてもらうらしい。

部屋飲みしようと思ったら、部屋に栓抜きがなかったので139.png
ホテルフロントで借りようとしたら、フロントにもなくて134.png
通り向かい側のホテルが、姉妹ホテルとのことで146.png
そちらのホテルのバーで借りようとしたら101.png
「栓抜きだけを貸し出せない。オレも一緒に行く118.png
と、バーテンダーさんに言われ138.png
バーテンダーさんと一緒に、ホテルロビーに戻ってきて154.png
部屋からビールを取ってこようとしたら154.png
そのとき、カードキーが壊れ137.png
フロントで、カードキーを直してもらっているあいだに131.png
バーテンダーさんは、向かいのバーに帰っちゃって141.png
ビールを持って、再び、向かいのバーに行って119.png
そこのバーで、ビールの栓をぬいてもらって103.png
部屋に戻って、ようやく、ビールを飲むことができた167.png103.png
らしい…。

お疲れ様でした…117.png

f0337357_01075259.jpg
(この広告・下のボルヴィックのいちご味が美味しかった106.png
と、ぴょんさんが言っていました。
サウスケンジントン駅近くにて。 )






ホテルの近くで、小さな朝市が開かれていたので、
ちょっとのぞいていこう~174.png



by kasutera0141 | 2018-09-03 12:00 | 2018.8 ロンドン・宿泊&交通&観光 | Comments(0)