人気ブログランキング |

カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2018.12 ソウル・食べモノ( 10 )




2018年12月のソウル旅行。
旅行最終日のランチ。

弘大から孔徳に戻ってきたのが、午後1時過ぎくらい。
お昼ごはん、何にしようかしら~。
チャジャン麺とマンドゥ(餃子)にしようかな~。
でも、風がとっても冷たくて、とっても寒い~122.png
やっぱり、スープごはんにしよう~。
寒くて、顔が痛くて、あまりウロウロしたくないわ~。

地下鉄・孔徳駅と麻浦駅のあいだ(どちらかというと麻浦寄り)、
ガーデンホテルの裏側通りにある、
돌배기집(トルベギチッ)麻浦ガーデン店」

ペク・ジョンウォンさんの、焼肉のお店。
チェーン店なので、いろいろなところにあります。

f0337357_18522954.jpg





ランチタイムピーク時間を過ぎていたので、お客さん数組。
1人でも大丈夫かきいたところ、大丈夫と。
食事メニューを見てみると、“赤いスープ”がずらり103.png
チャドルクッパッだったら大丈夫かな~。

f0337357_18584797.jpg




熱々、グツグツ、激しく沸騰している“チャドルクッパッ”
牛のあばら肉のクッパッ。
よく出汁がでている、ピリ辛いスープ。
結構、舌先がヒリリ!としました。
豆もやしも、たっぷりと入っています。
ごはんを入れて、中和し、もぐもぐ~。
あ~美味し❤あたたまるわ~。

f0337357_19033783.jpg






ガツガツ食べると、唐辛子の辛さで咳がでるので119.png
ゆっくり、じっくりといただきました。
私にとっては、ピリ辛だったけれど、
普通の人なら、そんなに辛く感じないかと思います。
そういえば、パンチャンも美味しかったのですが、
写真奥の“黒豆”がね、硬い~103.png
“土井先生の黒豆“とは全然違う感じ。
前日の、「駅前会館」のパンチャンの煮豆も、結構硬かった。
韓国の“煮豆”って、硬いのかしら??
ふっくらして、やわらかいほうが美味しいと思うけどなぁ146.png

ごちそうさまでした~。
ここは、ブレークタイムあるのかな??
私が最後のお客さんでした。

ご店主が、キビキビとしていて、
片づけ・補充なども、チャッチャッとやられていました。
お手洗いは、男女共同なのかしら?とドアを開けてみると、
ドアを開けた中で、男女別。
でも同じ空間なので、若干、微妙な気が…105.png


空港に行くのは、まだ早いので、
どこかでお茶することに。
最終日って、ホント疲れてしまって、どこか行く気にならない…。
孔徳駅近くのビル1階の「CAFFE PASCUCCI」へ。
普段は、コーヒーしか飲まないけれど、
甘い飲みもののほうが、体が温まる気がして、カフェモカを♪

雑誌を見つつ、ゆっくり、まったり169.png
がしかし、こちらの店舗、
ガラス張りで、駐車場出入口に面しているため(日が当たらない)、
店内でも結構寒かった~103.png
(逆に、夏は暑そうね…174.png

f0337357_19280325.jpg




お隣りのテーブルの女性2人組が、紅茶を飲んでいたのですが、
飲み終わってから、お湯をもらいに行っていました。
韓国のカフェって、紅茶を注文したら、
“差し湯”というか、お湯もらえるのかしら??
紅茶をあんまり注文したことがないから、よくわからないわ146.png
大手コーヒーチェーン店って、アメリカーノだと、条件つきで、
おかわりサービスがあるところがありますよね~。
(レシート、~時間以内、店内でマグ利用等)
紅茶、お湯もらえるんだったら、頼んでみようかな154.png

この後は、空港へ。
そろそろ、またソウルに行きたいな169.png


by kasutera0141 | 2019-06-01 00:50 | 2018.12 ソウル・食べモノ


2018年12月のソウル旅行つづき。
4日目、旅行最終日の朝ごはん。

寒い、マイナス何十度というわけじゃなかったけれど、寒い…。
雪が降っているわけじゃなくて、晴天だったけれど、寒い…。
放射冷却ってやつかしら…174.png
マイナス気温に慣れていないと、厚着していても寒いわ~。
私、どれだけ温室育ちなのかしら←

最終日の朝ごはんは、ホテルの近くで。
孔徳駅から、スグのところにある
「チンシファンプゴクッ(진시황북어국)」
干しダラスープのお店。

NAVER→
kakao map→


“孔徳駅からスグ”といっても、何路線も通っている駅なので、
地下鉄の出口を間違えると、結構遠く感じますね…。
しかも、孔徳駅のところって、“五差路”になっていて、
自分がどこに立っているのか、
結構わかりづらいというか、間違えやすいというか105.png

何かのビルの1階にあります。
2018年夏くらいに移転されて、今の場所になったそう。

f0337357_18250602.jpg





朝8時過ぎくらいに伺いました。
「1人です~」と、お店のアジュモニに告げると、
「日本の方ですか~?こちらへどうぞ~」と、お席へ案内されました。

タッチパネル式の券売機で、食券を買わなくてはいけないらしいのですが、
お店のアジュモニが、外国人だとわかると、
券売機で買わなくても、お席で注文をとってくれます。
↑というクチコミを見たので、
日本人オーラ全開でお店に入りました(笑)

最近韓国も、1人ごはんでも大丈夫な食堂やチェーン店って、
タッチパネル式の券売機が多いような気がする…。
サクサク使えるようにならなくては154.png

話がそれるのですが、
先日、神田のうどん屋さんの券売機で、
食券買うのに、モタモタしていたら、
後ろに並んでいた中年男子に、
「もう~何やってんだよ~」的なことを言われまして137.png
しかも、相席だったのですが、その中年男子の隣りの席で…。
サクサク買えなかった自分も悪いけれど、
その男子の言い方も、イヤな感じで、ホント嫌だったわ~。
美味しいうどん屋さんだったのになぁ…117.png
(うどん屋さんの話は、後日のブログで。)

f0337357_21072724.jpg

(メニューが少ないので、コレ↑だったら自分でできそうな気がする。
画面上から、
1→プゴクッ 5→辛いプゴクッ(赤いスープなのか??) 
9→ビールor焼酎 10→プゴクッ・テイクアウト 
11→辛いプゴクッ・テイクアウト
右上に、現金決済かカード決済か)







お席につくと、アジュモニが、
日本語で、メニューの簡単な説明をしてくださりました。

独自で日本語を勉強されているという、アジュモニ。
日本にお友達がいるそうで、
その方からも、日本語を教えてもらっているのかな??

「何を見てこの店に来ましたか?」と聞かれたので、
韓国情報サイトを見て、と答えて、
スマホで、こちらのお店が紹介されている画面を見せてあげました♪

日本語(カタカナ)で、店名をどうやって書くのかとも聞かれたので、
“チンシファンプゴクッ”とノートに書き、
ハングルを日本語で書くと、こうなる的なお話をしたりしました。
カタカナって、“ン”と“ソ”、“シ”と“ツ”の区別とか難しいですよね。

f0337357_21305102.jpg
(プゴクッを美味しく食べる方法が壁に貼ってありました。
1.待っているあいだにゆで卵を食べる
2.最初は何もかけないで、スープを味わい、
その後、アミの塩辛や塩で味つけする
3.お好みで胡椒を)
って感じでしょうか??
ファンテはロシア産で、江原道ヨンデリで加工したものだそう。)







写真に撮っていないのですが、
プゴクッを待つあいだ、ゆで卵をいただきました。お塩つけて♪
お水も、ゆで卵も、アジュモニが持ってきてくださったけれど、
他の韓国人のオジサンたちは、自分で持ってきていたので、
本来、セルフだと思います。

大きな、ラーメンどんぶりのような器に、
たっぷりのプゴクッ~106.png
まずは、スープだけを一口。
プゴの出汁もきいていて、やさしいお味。
干しダラって、なんていいお出汁が出るんでしょ❤
牛骨スープも加わって、いろいろな出汁が混ざり合って、
複雑ながらも美味しい味になっているのかな。
お豆腐とニラも入っています。

f0337357_23330420.jpg




そういえば、アミの塩辛は、言わないと出てきませんでした。
アミの塩辛、大好きなので必需品だわ♪
(そして、ある程度時間がたつと、アミの塩辛は片づけられてしまう…105.png
写真に少ししか映っていないけれど、
右上の小皿、小魚の和え物も、美味しかったです。
いいおつまみにもなる感じ。辛くないし。
キムチは、普通に辛かったです。
その左隣りの“きゅうりのキューちゃん”みたいなのも結構辛い。

スープにアミの塩辛を入れると、ほどよい塩分とコクが加わって、
これまた美味しくなりました。
ごはんも入れて、スープごはんにすると、
いくらでも食べられる106.png

最後に、おこげをいただきました。
食後のちょっとしたおやつっぽい111.png

f0337357_23435109.jpg






アジュモニは、カタコトながらも、丁寧な日本語を話されます。
単語を並べただけではなく、
その場に合った、きれいな話し方ができるのっていいな♪と思いました。
私も、もう少し、スムーズに、きれいに話せるようになりたいな♪
外国人だと、勝手がわからないだろうからと、
いろいろ細かいお気遣いもしてくださり、嬉しかったです102.png

お店に着いたときは、寒さで体も冷え切っていたのですが、
温かいスープとやさしいアジュモニのおかげで、
体も心もホっとあたたかくなった、朝ごはんでした110.png

f0337357_23530867.jpg
(平日7~20、LO19:30、BT15~17 土7~15 日祝休み 
材料がなくなり次第閉店、テイクアウトOK)





その後は、近くの孔徳市場のチヂミや天ぷらを少し見て、
ホント24時間営業なんだなぁと(笑)
奥の席で飲んでいる人は、いなかったかな。
ぴょんさんがいたら、少し飲んでいくだろうね117.png

f0337357_12255873.jpg





おやつに食べるのを少し買いました111.png
温め直してくれるので、アツアツ~。
でも、外がホント寒かったので、
ホテルに帰るまでの、数分のあいだに、冷めちゃったかも~103.png

f0337357_12265081.jpg

f0337357_12354450.jpg





ホテルをチェックアウトした後は、弘大へ。
バンタン・ジン君のお誕生日カップホルダー配布カフェ2軒。
(ココ→とココ→
午後1時過ぎくらいに、孔徳に戻ってきました。

by kasutera0141 | 2019-05-30 15:38 | 2018.12 ソウル・食べモノ


2018年12月のソウル旅行。
3日目の夜ごはん。

1人ごはんだと、スープごはんや麺類が多くなり、
「なんか、お肉も食べたいわ~」気分♪
1人で、焼肉屋さんで、2人前頼む勇気もないし105.png
ワイワイガヤガヤの中で、1人で淡々とお肉を満喫する勇気もない…。
でもいつかは、五郎さんみたいになりたいわ~♪
で、定食っぽいものを食べられるところに行くことに。

孔徳駅から、5~6分のところにある

以前、麻浦駅の近くにあったときに伺ったことがあり、
孔徳駅近くに移転してからは、初めての訪問。

f0337357_23323234.jpg






ご店主の奥様(だと思う)が、丁寧な接客をされていたのが印象的でした。
「お味はお口にあいましたか?」と、片言の日本語で話してくださり、
“とても美味しかったです~106.png”と言うと、
嬉しそうな笑顔で見送ってくださった記憶があります。
お店(麻浦のときの)も、とてもキレイだったし、
何より、ちょっと変わったプルコギも美味しかったし111.png
ここなら、1人でも大丈夫かな~と思って伺いました。

早めの時間の午後5時過ぎに行ったにもかかわらず、
すでに食事されている方が、ちらほらいっらしゃいました。
「1人ですけど、大丈夫ですか??」と言うと、
店員さんが、「はい、大丈夫ですよ~」と。
1階のテーブル席へ案内されました。

1人前から注文可能の、“パサップルコギ(바싹불고기)”を。
普通のプルコギと違うのは、水分がないということ。
“바싹”は、カサカサ・カラカラみたいな意味があるらしいけど、
なんか“パサパサプルコギ”、お肉がパサパサみたいに思えちゃうわ103.png
辛い味つけのもあるみたい。他、ビビンパッなどもアリ。

f0337357_02112981.jpg




ほどなくして、パンチャン(おかず類)が運ばれてきました。
豆もやしスープも、水キムチもとっても美味しい111.png
エゴマの葉は、お肉包む用。
そして、こちらのキムチがと~~~~っても美味しかったです。
といっても、私は辛いのが苦手なので、
韓国の食堂等で、ほぼ一口しかキムチを食べられないことが多いけれど103.png
駅前会館さんのは、こんなに激しい赤色なのに、辛くなかった~146.png
辛くなくても、味に深みがあるというか、コクがあるというか、
ウマミがあるというか…。
なんて表現していいかわからないけれど、ホント美味しかったです。
初めて完食しました~102.png

f0337357_15240012.jpg




そして、メインの、パサップルコギ!
あらかじめ焼かれたモノが運ばれてきます。
とてもこうばしい香り♪
お味は、甘めの醤油+α みたいな感じで、
そのままでも、エゴマの葉+味噌+ニンニクでも美味しい~111.png
ごはんにもとっても合う~。
お弁当のおかずにもなりそうな気がする。
オニャンプルコギにも、少し似ている感じ??

f0337357_15492542.jpg





お肉にジューシーさはないけれど、箸が進む。
お酒のおつまみにも、いいんじゃないかと思います。
“パサパサ”なのに、お肉が柔らかくて美味しいので、
飽きることなく、どんどん食べられるわ❤

f0337357_16015089.jpg
(同じような写真しか撮ってないわ…。写真撮るより、早く食べたい派(^^;))






あ~お腹いっぱい111.png
美味しくいただきました。
孔徳のお店も、とってもキレイで、
1人でも落ち着いて食事できてヨカッタです。

お手洗いは、レジカウンター奥の階段を少し上ったところに男女別であります。
キレイなので、安心して使えるかと♪

レジのところに、店主夫婦(たぶん)がいらっしゃって、
今回も丁寧な接客をされていました。
あ、そういえば、お店オリジナルのスッテカー(シール)をいただきました101.png
(↑お客さん全員に配っている感じ)

また機会があったら、ぜひとも伺いたいお店です106.png

by kasutera0141 | 2019-05-29 16:21 | 2018.12 ソウル・食べモノ


12月のソウル旅行。
旅行2日目に、バンタン・ジン君の
お誕生日お祝いカップホルダー&地下鉄広告巡り(→)をしていて、
最終的に三成駅の COEX へ。

と~っても疲れていたので、どこか落ち着くところで、
サクっと温かいものを食べて帰ろう~と思い、
現代百貨店の上階にあるレストラン街へ。

韓国料理のお店へ。
「평화옥 무역센터점
(ピョンファオッ ムヨッセントジョム・平和屋 貿易センター店)」

なんでも、ミシュラン2つ星を獲得したシェフが、
展開する韓国料理店だそうよ~146.png
といっても、こちらのお店は、
カジュアルに、冷麺やコムタンがいただけるお店。
1人でも、わりと入りやすいお店だと思います。
(あ、でも私以外は、みなさん2~3人連れでした105.png
外国人観光客も多いエリアなので、
メニューには、英語表記もあったような気がします。

“떡만두칼국수곰탕”を注文。
トック(餅)+マンドゥ(餃子)+カルグッス(麺)+コムタン(牛スープ)
全て好きなモノが入っている~106.png

f0337357_18584687.jpg
(写真右奥のプリンみたいなのは、茶わん蒸し?みたいなものでした。
可もなく不可もなく119.png、なんともいえないお味。)




日本のお餅と違って、ねっとりしていないけれど、もちもちしていて、
いくつでも食べられちゃう111.pngトック。
プヌプニな皮の中に、お肉とたっぷりのニラが入っている、
ジャンボ水餃子のような、マンドゥ。
コクがありながらも、しつこさがない、牛肉ベースのコムタンスープ。
スープには、たっぷり胡椒がかかっていて、ほどよいアクセントに。
スープとともに、もちもち麺をすすると、あ~美味し111.png
あったまるわ~110.png

“辛さ”の可能性のないスープなので、
安心して、ガツガツいただきました111.png
スープがとても美味しかったので、
水冷麺も食べてみたいな169.png

by kasutera0141 | 2019-03-23 00:00 | 2018.12 ソウル・食べモノ


ソウル3日目。
朝ごはんを食べに、江南地区へ。
9号線・新論峴駅5番出口から徒歩スグの飲食店街にあるスンデのお店へ。

それにしても、9号線は混んでいた…。
途中から座ってきたけれど、
ラッシュ時間を過ぎても、あんなに混んでいる路線とは知らなかったわ…。
しかも、隣りに座ったアジュモニに、
「ここに行きたいんだけど、どこで降りればいい?」ときかれて、
たいていの場合、
「スミマセン、ちょっとわからないデス…」と消極的な返答をするんですが、
座っていたこともあり、私も路線図を持っていたので、
「ココで降りればいいですよ~」と自信を持って答えたら、
まんまと間違っていたことに、アジュモニが下車してから気づいた…。
なんか、申し訳なくて、汗かきました…119.png

そんなこんなで、お店に到着。
「평안도 찹쌀순대(平安道チャッサルスンデ)」
(NAVER→

f0337357_20173673.jpg





朝ごはんといっても、10時過ぎくらいだったので、先客なし。
朝ごはんピーク時間は過ぎて、ランチ前の静かな時間帯だったと思います。

f0337357_20214795.jpg




おっ、1人食事用メニューもいろいろあるのね111.png
店名のとおり、“スンデクッパッ”(左側・上から2番目)を頼もうっと。
注文時に何も言わないと、スンデ+豚肉ミックスになるみたいです。
スンデだけ、豚肉だけの注文もできるらしい。

f0337357_20252454.jpg






威勢のいいアジュモニに注文すると、
すぐに小さなおかずたちが並べられ、
アツアツ、グツグツの白濁スープが運ばれてきました。

まずは、スープを一口。わりとあっさり??
ごはんと一緒に食べ進めていくうちに、あっさりスープというより、
出汁のきいたコッテリスープという感じがしてきました。
日本人の好き嫌いが分かれるであろうスンデもたっぷり入っています。
豚肉もゴトゴト入っていてボリュームあり。
濃厚なスープだけでも美味しいのですが、アミの塩辛を少し入れると、
少しまた違った味わいになって、美味。

f0337357_20305570.jpg





スープは、たっぷりあり、やはりコッテリ感もあるので、
かなりお腹いっぱいになりました111.png

スンデって、あんまりたくさん食べると飽きる感じもするけれど、
旅行中に1度は食べたくなる不思議な食べ物だな…。

「とっても美味しかったです~、ごちそうさまでした~」と
威勢のいいアジュモニに言うと、
「夜は、他のメニューもいろいろあるからまた来てね~」と。
お店の看板に大きく“カムジャタン”とも書いてあるから、
鍋物も美味しいんだろうなぁと思いつつお店を後にしました。


by kasutera0141 | 2019-02-03 00:00 | 2018.12 ソウル・食べモノ


ソウル2日目。
地下鉄3号線・新沙駅の近くにある食堂へ朝ごはんを食べに♪
「전주청국장집(チョンジュチョングッチャンチッ)」
NAVER→

f0337357_16310087.jpg




お店の中に一歩足を踏み入れると、
チョングッチャン(清麹醤)の、あの濃厚な香りが、ふわっと漂ってきました。
「わぁ~、チョングッチャンの店だ~106.png
食べる前から、ワクワクする瞬間。

朝といっても、10時過ぎくらいだったので、
お客さんは私1人。
朝7時くらいから営業されているそうなので、
朝ごはんピーク時間が過ぎて、ランチタイム前の静かな時間帯。

f0337357_16361344.jpg
(1人ごはんメニューでは、チョングッチャンの他に、
テンジャンやキムチチゲが。
近所に、カンジャンケジャン屋さんがたくさんあるので、
カンジャンケジャンもありました→右端。)







お席に着くと、すぐに小さなおかずたちが並べられ、
アツアツ、グツグツ、濃厚な納豆汁のような香りをはなつ
チョングッチャンが登場。
スープを一口。美味しい!!
濃厚で、納豆のようでもあり、ちょっと違う、
まさに、チョングッチャン独特のあのお味。
豆の粒が大きく、ゴロゴロ入っている。
豆の他にも、野菜・豆腐もいろいろ入っていて具沢山!
こりゃ~、間違いないくゴハンと合うわ~。
ゴハンを少しずつ、スープの中に投入。
ゴハンとチョングッチャンのハーモニー、チェゴ(最高)106.png106.png106.png

f0337357_16410668.jpg





ゴハンをチョングッチャンのスープとともに、食べつくしたいところですが、
大きなボールが運ばれてきて、
中には少量のコチュジャンとごま油が入っていました。
チョングッチャン+ゴハン+おかずの野菜いろいろで、
ビビンパッにします。

辛いのが苦手なので、コチュジャンをよけて、ビビンパッを作りました。
これまた、別の美味しさがあるわ~102.png
1度で2度美味しい朝ごはんだわ♪

f0337357_16584019.jpg




でも、やっぱり、“スープとごはん”という組み合わせが好きなので、
チョングッチャンとごはんを、混ぜつつ一緒にいただきました111.png
そして、ごはんをおかわりしました~111.png
辛さよりも、まろやかさが際立つチョングッチャン!
幸せな朝ごはんでした110.png

納豆は、別にそれほど好きというわけでもないのに、
なぜに、チョングッチャンのことを、こんなにも溺愛してしまうのだろう??
不思議な魅力のある食べ物だわ~。

この後は、
狎鷗亭駅の、バンタン・ジン君のお誕生日お祝い広告を見に♪(→
1日中、ジン君関連のカフェと地下鉄駅巡りの日々。
朝から、ごはんをたくさん食べたので、
ちっともお腹が空かなかった1日でした105.png
夜は、COEX の現代百貨店で、ササっとゴハンを食べて、
ソウル2日目終了。





by kasutera0141 | 2019-01-29 18:14 | 2018.12 ソウル・食べモノ


ソウル・合井駅近くのカフェで、
バンタン・ジン君のカップホルダーをいただいた後(→)は、
合井駅直結の、“メセナポリス”へ。

メセナポリス、初めて来ました~♪
クリスマスのイルミネーションがキレイ177.png
日が落ちてから、気温がぐ~んと下がり、風も強くなってきて、
温かい“スープもの”が食べたいな♪

f0337357_14340444.jpg





メセナポリスの中にある「순남시래기(スンナムシレギ)」メセナポリス店へ。
チェーン店で、気軽に入れる食堂。
スンナムさんのシレギ屋さんってことでしょうか?

f0337357_14563928.jpg





このお店の、“ウリ”は、店名にもなっている“シレギスープ”。
シレギ=乾燥させた大根の葉、らしい。
“3代 시래기국(シレギスープ)”を注文。

おかずは、セルフで食べたいものを食べられるだけ持ってきます。
チャプチェ、サラダ、トッポッキなどがありました。
(“赤い”おかずが、ほぼ食べられないので、辛くなさそうなモノだけを…。)

f0337357_15032422.jpg




熱々スープは、とろみがあり、エゴマ粉がたっぷり入っていました。
このスープは、何と表現したらいいのでしょうか、
辛くない、ニンニクっぽくない、何で味つけしてあるんだろう??
ごはんが入っているわけではないけれど、
おかゆのような、やさしい味のスープ。
ごはんと一緒にいただくと、さらに美味しい!
よくわからないけれど、美味しい!
存在感のあるような、ないような“シレギ”も、たっぷり入っていて、
野菜をいっぱい食べた感があり、お腹いっぱいに111.png
子供が好きな味ではなく、大人が好む味、という気がしました。

f0337357_15110801.jpg





こちらの店舗は、夜ごはんピーク時間帯にもかかわらず、
“おひとりさま”が多かったので、
1人でも気軽に、気楽に、食事できてヨカッタです。

シレギスープは、飲み過ぎた後にもいいような気がする109.png


by kasutera0141 | 2019-01-25 00:00 | 2018.12 ソウル・食べモノ


12月のソウル旅行。
ホテルにチェックインして向かった先は、上水(상수=サンス)駅。
お昼ごはんを食べに111.png

「舞月食卓(무월식탁=ムウォルシッタッ)弘大店」
シンプルなカフェのような外観で、通り過ぎるところでした~。

f0337357_15533923.jpg






午後2時過ぎくらいに伺いました。
通し営業のお店とのことで、遅いランチにぴったり♪

f0337357_15570269.jpg





中に入ってみると、中途半端な時間にもかかわらず、
結構お客さんがいらっしゃいました。
場所的に、若い女子多め。

メニューを見てみると、定食メニューいろいろ。
こちらのお店の“名物”は、“カンジャンセウ”
カンジャン(=醤油)セウ(=海老)が食べたくて、やって来ました102.png

f0337357_16022033.jpg





カンジャンセウトッパッ(海老の醤油漬け丼=간장새우덮밥)
海老は、皮をむいてあるので、食べるときに楽ちん~♪
まずは、海老だけを食べてみる。
プリップリ~!お醤油+何かの調味料にしっかり漬かっているので、
これだけでも、十分に美味しい~111.png
生臭さは、全くない。
醤油に漬けてあっても、くどい塩辛さはなく、甘みも感じられる。

別添えのタレがついてくるのですが、
つけなくても、しっかりお味がついているので、
そのままでも美味しかったです。

f0337357_16122334.jpg


続いて、海老をハサミで、小さめにカットし、
とびこや白ごまが入っているどんぶりごはんに混ぜて、
“ビビンパッ”にしていただきました。
これも、美味しい~111.pngゴハンススム。

そして、海老を別添えのタレを少しつけて、
海苔で巻いて食べても美味しい~111.png
ごはんとも合うけれど、“酒の肴”としても、ピッタリじゃないの~。

さらには、海老をガブリと口でちぎって、
尾っぽ部分の身を、チュルル~っと吸うように食べても美味しい~111.png
つけ汁が、なんともいえない、いいお味なのでね。

海老そのままでも、
白いごはんと一緒でも、
とびこ&生卵黄身とビビンパッにしても、
タレをつけて、海苔で巻いても、
どんな食べ方をしても美味しい、カンジャンセウ!

あ~美味しかった111.png
お腹が空いていて、食べるのに夢中で、
あまり写真撮らなかったわ~103.png

f0337357_16313288.jpg



店員のお兄さんたちも、とても感じよく丁寧な接客をしてくださり、
嬉しかったです♪
ぜひとも、また行きたいお店です106.png

この後は、食後のコーヒーを飲みに♪
バンタンジン君のカップホルダーイベント開催のカフェへ。


by kasutera0141 | 2019-01-17 19:44 | 2018.12 ソウル・食べモノ


宿泊していたホテル近くにあった、ケーキチェーン店。
HANS孔徳店」

平日の午後は、先客数組で、静かな店内。
ケーキの種類がたくさんあって迷います。

f0337357_21585918.jpg





チーズケーキが有名らしいのですが、
チーズが苦手なので、他のケーキを(^^;)
初めてのお店でケーキをいただくとき、
スポンジ・クリームなどの味を、しっかり味わいたいので、
たいてい、オーソドックスな、“ショートケーキ”にすることが多いです。
そこで、“いちご生クリームケーキ”を注文。

f0337357_22082419.jpg





“いちご”とネーミングされているわりには、
飾りのいちごが、半個分…103.png
さらには、中に、いちごがサンドされているわけではなく、
ラズベリージャムでした103.png103.png
(やはり、チーズケーキにするべきなのか??と思った瞬間103.png
がしかし、このお店で特筆すべきは、
スポンジ生地のしっとりさです!
ふんわりと甘さ控えめな生クリームと、
パサつき度0%の、超しっとりスポンジ生地。
それが、美味しかったです。

f0337357_22133190.jpg
(セットの飲み物は紅茶に。)






つい最近、パレスホテル東京のショートケーキをいただいたのですが、
それに劣らない、スポンジ生地のしっとりさ&美味しさ!
ケーキの美味しさは、スポンジ生地&生クリームで決まる!と思っているので、
こちらのケーキ屋さんは、なかなか美味しいものを作っているな、
と思いました。
あとは、果物がもっと入っていれば申し分ない…103.png

f0337357_22211669.jpg
(夜9時過ぎにお店の前を通ったときは、生ケーキはほとんど残っておらず。)






持ち帰り用ケーキを買い求めに来る人も、
たくさんいらっしゃいました。
生ケーキのほかにも、
焼き菓子、マカロン、ロールケーキなども充実していたので、
ちょっとした手土産用にも、いいかも169.png


by kasutera0141 | 2019-01-10 00:00 | 2018.12 ソウル・食べモノ


ソウル旅行最終日に立ち寄った、コーヒー屋さん兼パン屋さん兼カフェ。
ソウルガーデンホテル近くにある
FRITZ(프릳츠)桃花店」

f0337357_04205983.jpg





一軒家カフェで、なかなか広かったです(1階&2階)。
ただ、大人気のお店なので、大混雑でした。
夜にコーヒーを飲みに行ったときも、昼間にパンを買いに行ったときも、
たくさんのお客さんで賑わっていました。

前日に、2階のお席でコーヒーを飲んだときに美味しかったので、
買って帰ることに。

f0337357_04300984.jpg





パンも、どんなお味かな?と思い、
自宅用に買って帰ることにしました。
ハード系、スイーツ系いろいろ。
パンを買いに来ている人も多かったです。

f0337357_04335207.jpg






手前の2個→マドレーヌ。
その左側→プレーンのスコーン
上→チョコチップクッキー

スコーンは、かなり独特な形で、見た目、デニッシュパンのよう。
お味も、甘くて少しサクっとしたパン。

チョコチップクッキーが、これまた、ボテっとして大きい!
サクサクというよりは、サクしっとりという感じ。

日本人が普通にイメージしているスコーンとクッキーではなかったのですが、
これはこれで、なかなか美味しかったです。

f0337357_04405212.jpg
(コーヒーは、ブレンドの中で、1番フルボディのにしました。)




お会計のときに、金額をピッタリ出したのですが、
レジのお姉さんに、「あと~ウォン足りません。」と言われ、
おかしいな?ちゃんと計算したのにな…と思いつつ支払いました。
でも、レシートを見たら、結構金額(品名)を打ち間違えていて103.png
マドレーヌ→フィナンシェ
プレーンスコーン→デニッシュ?
チョコチップクッキー→スコーン?
みたいな感じで…103.png103.png
混んでいるところ、申し訳なかったけれど、
「買ったものと、金額が違うみたい…」と言ったところ、
「あ~スミマセン~148.png」って感じで、計算し直してくれました…。
新人さんだったのかな??

f0337357_22491700.jpg
(FRITZ の近くにある、ガーデンホテル。夜は、キラキラしていました☆)





パン屋さんって、たくさんのパンの名前と値段を覚えなくちゃいけないから、
大変だなぁと思いました。
で、たまに店員さんが間違えることもあるから、
自分でも確認しないといけないな~と思った次第です。

カフェの雰囲気も、コーヒーも美味しかったので、
孔徳に宿泊するときは、ぜひともまた伺いたいです102.png


by kasutera0141 | 2019-01-09 00:00 | 2018.12 ソウル・食べモノ