人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カステラさん kasutera33.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日々のあれこれ


by kasutera
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_16523922.jpg




よく晴れた休日の午後。お墓参りの帰りに立ち寄ったのは、

土日祝日だと結婚式などが多くて、
駐車場は混雑していることが多いとのことですが、
この日の午後3時過ぎは、わりと空いていました。

ゆったりと庭園を眺めることができるロビー。
とても静かで緑が多くて、都心とは思えない、京都の寺社にいるかのよう。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_17020840.jpg




実りの秋を感じるオブジェ。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_17050442.jpg



遅めの休日ランチに選んだのは、
(メインの建物を一旦外に出て、少し行った先にあります。)
中華料理のお店なのかな?と思いきや、
幅広く“アジア料理のお店”という感じのレストラン。
地下1階ですが、外からの日ざしが入り、店内は明るい雰囲気。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_17120479.jpg





土日祝は、ランチが17時までとのこと。
点心を3種類(3個)選び、麺類 or ごはん類を選ぶセットにしました。
点心というか、小籠包 or スイーツ系お団子の中から、3種類選ぶわけですが、
小籠包の豚・蟹、スイーツ系の胡麻団子が売り切れ103.pngというので、
残りの中から、帆立、鶏、羊(!)を選びました。
羊の小籠包って、初めてかも…。
お味は…、“The 羊・ヤン・양”103.png
小籠包になっても、なかなかクセのあるヤン…。
王道は、豚・蟹・帆立だわ、やっぱり105.png

小籠包そのものは、かなり大きめサイズで、
1つずつレンゲにのせられてスープもたっぷり。
帆立と鶏は、美味しかったです。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_17071682.jpg




麵 or ごはんは、ルーロー飯を選びました。
イメージしたものと、全く異なるビジュアルなルーロー飯登場!
ここしばらく、ルーロー飯を食していなかったけれど、
こんな感じだったっけ??
台湾旅行の遠い記憶を呼び起こす…。
斬新だわ~。バナナリーフのような葉っぱにのせられているし146.png

チャーシューがとてもご立派で、ボリュームあり。
少々の八角が香るごはんは、“ちまき”のようにも感じられました。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_16523922.jpg




ぴょんさんが選んだ麺も、なかなか個性的でした!
“雲丹と白味噌のガーリック風味麺 九条葱添え”というものなのですが、
注文するときに、「こちらは、パスタになりますがよろしいですか?」と。
やきそばのような中華麺を想像していたけれど、パスタだったとは!
普通にパスタとして、美味しかったそう♪ヨカッタ、ヨカッタ。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_17230536.jpg




“オリエンタルガーデン”という店名、
東アジアというより、東南アジアの風味が強いお店でした。
ロンドンのホテルで出会った、
“UMAMI”というレストラン(→)を思い出しました。
なんとなく、似ているような154.png
八角・ナンプラー・パクチー大好き人間じゃないと、
メニューの選択肢が狭まるような気がします。

この時間帯は、アフタヌーンティーをされている方も、ちらほら。
おひとりでも、気軽に楽しめるお店だと思います。

日が暮れて、お庭も昼間とはまた違った趣に。

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_03515860.jpg




少人数の結婚披露パーティーが行われていたようでした。
末永くお幸せに~162.png

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_04044392.jpg




この後は、六本木ヒルズに寄って、
スタバで、“チョコレートストロベリーなんちゃら”を。
久しぶりに、スタバに来たけれど、注文するときに言葉が出てこない…。
“カスタマイズ”が出てこなくて、
「何かアレンジできますか?」とか、
“エスプレッソショット”が出てこなくて、
「コーヒー濃くしてください」とか105.png

今頃は、イルミネーションがきれいなんだろうなぁ177.png

東南アジアを感じる不思議な魯肉飯・ORIENTAL GARDEN TOKYO 竹游林@明治記念館_f0337357_04231089.jpg

# by kasutera0141 | 2021-11-20 06:00 | 東京その他

大好きなオークラのパン


大好きなオークラのパン_f0337357_13222566.jpg




The Okura Tokyo に宿泊したときに、1階のデリカテッセン「シェフズガーデン」で、パンを買って帰りました。
営業時間が、10時~だったので、10時ちょっと過ぎに行ってみました。
パンは、種類豊富にあったのですが、ケーキやお惣菜は、11時くらいから店頭に並ぶとのこと。
とりあえず、パンだけ先に買っちゃおう111.png

大好きなオークラのパン_f0337357_13303638.jpg




昔からオークラのパンが好きです❤
おフランス過ぎるパンが、少々苦手なので、
昔っぽい、普通っぽい日本のパンが好み。

お昼によく買って食べていたトライアングル。
中はりんごプレザーブ。
栗あんぱんは、栗が入っている小倉あんぱんかと思ったら、
栗のあんだった~103.png

大好きなオークラのパン_f0337357_14031791.jpg

大好きなオークラのパン_f0337357_14041853.jpg





クロワッサンも、“日本のクロワッサン”という感じがします。
バター風味豊かな、サクっなクロワッサンもいいけれど、
普通にふんわりな、地味なクロワッサン。
それが好き。

そして、シュネイク。
ほのかに甘い、何にも入っていないパン。
朝、ぼーっとしながらでも、口が動いてくれる。
毎日食べても飽きがこない、普通のパン。
だからこそ、長年食べ続けています。
あ、アンデルセンの、エトランゼやミルクソフトにちょっと似ているかも?

大好きなオークラのパン_f0337357_14151220.jpg

ホテルチェックアウト後、ランチの後に、
パンの商品棚を見たところ、かなり品薄でした。
予約されている方も多いので、午前中のほうが、いろいろと選んで買えるような気がします。
懐かしく、美味しいパンたちでした111.png

# by kasutera0141 | 2021-10-27 14:27 | 新橋、汐留、虎ノ門

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19053387.jpg




ザ・オークラ東京に宿泊したときに、
プレステージタワー41階にあるラウンジバー
スターライト」に行ってみました。

チェックイン時に割引券をいただいたので、
せっかくなので何か飲もう~♪ということで102.png
3時半くらいの訪問。
予約はしていませんでしたが、すぐに案内していただけました。
窓側のお席は埋まっていたので、奥側のテーブル席です。

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19124570.jpg




「女子率高いな~」とぴょんさん。
すると、ホテルの方が、
「この時間は、
アフタヌーンティーがありまして、女性のお客様が多くなっております。」
とのこと。
オークラのバーって、
“オジサン”なイメージが強かったのですが(失礼m(__)m)、
アフタヌーンティーの時間帯は、また違った雰囲気ですね。
窓際のお席は、とっても眺めがよさそう!

赤坂方面を超えて、国立競技場、新宿方面までよく見える、素晴らしい眺望。
遮るものがないため、空が広く感じられ、
お天気がイマイチだったこの日、雲の動きがよく観察できました170.png
(他のお客様が帰られた後に、窓際で撮影しました。)

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19285346.jpg




さて、「小腹が空いたー」というぴょんさんは、
ランチメニューを注文。
午後4時過ぎまで注文できるので、遅めランチにいいですね。
バーのランチなので、軽めなのかな?と思っていたら、
かなりしっかりとしたランチでした111.png

彩りのよいサラダは、大きなガラスプレートに。
“ライス添え”以外のメニューには、パンがついてきます。

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19411325.jpg

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19420600.jpg




数種類から選べるランチは、“シーフードのフリカッセ 温野菜添え”に。
鶏肉のイメージが強いフリカッセですが、
海老やホタテなどシーフードフリカッセも、
まろやかなクリームとよく合って美味しかったです。

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19493980.jpg





デザートは、紅茶のアイスだったかな??コーヒーとともに。
てっぺんには、オークラのホワイトチョコレート。

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19553221.jpg



ぴょんさんが、
「おじさん、ボトルかぁ…」と、つぶやく。
お隣りエリアの紳士が、ボトルのお酒を注文していたようで。
(仕事柄、地声が大きいので、“つぶやき”ではなかったかもしれない105.png

(以下、小声の会話)
「ちょっと!声のボリュームおとしてくれる!聞こえるでしょ!
ボトルで注文すると、何かあるの??」
「いやぁ、ボトルって、そこそこお値段するんだよねぇ。」
「それで?」
「いやぁ、おすそ分けほしいなぁと思って…。」
ちょっと~!吉田類の酒場放浪記じゃないんだから~105.png
ホテルデソレハ、ヤメテクレ~~!
うらやましそうに、紳士を見つめるぴょんさんでした(-_-;)

アメリカ大使公邸もよく見えました↓↓

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_20083950.jpg



飲めない私が注文したのは、
“秋を感じるオリジナルモクテル”の、“レザン ド ノワール”。
巨峰+ノンアルコールワイン。
グラスに添えられた巨峰のお姿が芸術的。
濃厚なお味でさっぱりと♪

The Okura Tokyo のバー・スターライトでランチ_f0337357_19053387.jpg

夜は、夜景を満喫できそう!
大人のデートにぴったりなバーでした。
あ、でもアフタヌーンティーは、おひとりさまの方もいらっしゃったので、
自分時間を素敵に過ごせるバーでもあると思います109.png

# by kasutera0141 | 2021-10-22 20:39 | 新橋、汐留、虎ノ門

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17001056.jpg





9月下旬に、お墓参りに行ったときのランチ。
お天気もよく、さわやかな暑さ。
お休みの日ということもあって、駐車場も混んでいました。

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17051302.jpg





お昼ピーク時間をはずした午後2時ごろ。
SATSUKI」も、並ぶことなく案内していただけました。

ぴょんさんがね、“聴くだけ会議”が入ってしまって(-_-;)、
パソコンを開いて、イヤホンで聴いていたのですが、
「周りがうるさ過ぎる!」ということで、
ロビーかどこかへ行ってしまいました(-_-;)
お休みの日、
敬老の日のお祝いや、お友達同士のランチの方々も多かったのでね、
それなりに賑やかだった店内。

野菜サラダに、チキンをトッピング。
ドレッシングは、フレンチで。
このチキンが、とてもしっとりとして、やわらかくて。
“サラダチキン”の最上級だと思いました(笑)

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17133201.jpg





シーフードピラフを注文。
エビやホタテがたっぷりと!
ホテルのピラフって、きちんと炊き込んでいるせいか、
魚介のお出汁もきいていて、ホント美味しい!
別添えの、“ニューバーグソース”をかけて。
ニューバーグソースって、クリームソースみたいな?
魚介のお出汁も入っているのかしら??

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17001056.jpg




ゆっくり食べていたけれど、ぴょんさん戻ってこず。
外食中でも、旅先でも、こういうことは、しょっちゅう103.png
1人で食事したり、旅先でぷらっとお散歩したりしています(笑)

注文したのは、確か、カレードリアだったかな??
一口食べて行ってしまったので103.png、どんどん冷めていく~。
アクリル板越しに眺めてみる。美味しそう…111.png
戻ってくるのかしらね…。

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17322159.jpg




お隣りのテーブルでは、
お孫さん3人(全員男子、10代&20代?)と、おばあちゃまがお食事中。
きっと、敬老の日のお祝いなのかな??
男子3人、ものすごく食欲旺盛で!
デザートのボリュームあるパンケーキを見ていたら、
なんだか甘いモノが食べたくなってきちゃった~111.png
ということで(暇だったので)、プリンアラモードを追加注文。

シーフードピラフのランチ・ホテルニューオータニ SATSUKI_f0337357_17404356.jpg

あ、ここは、こういう↑プリンアラモードだったわ!
キャピトル東急のと勘違いしていた~103.png
かためプリンで美味しいのですが、
盛りつけが、オサレな感じで、洗練されすぎていて。
ガラスの器に、ぎっしりとのせられている
プリンアラモードをイメージしちゃったわ♪

と、そこへ、ぴょんさんご帰還。
「いや~、最後説明しなくちゃいけなくてさー。30分かかっちゃったよー。」
そして、冷めかけたドリアを、ガツガツといただく。
「ギリギリ冷めていないわー。美味しかったー。」とのこと(^^;)
プリンアラモードのメロンは、ぴょんさんへ贈呈。

お休みの日くらい、ゆっくり食事できればいいんだけど。
この後、普通に仕事になってしまった…103.png

# by kasutera0141 | 2021-10-20 00:00 | 赤坂・四ツ谷・六本木

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13255519.jpg





The Okura Tokyo のプレステージタワーに宿泊したときの朝食。
山里でいただきました。
山里で食事をいただくのは、と~~~~っても久しぶり。

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13320088.jpg




はりきって、朝7時過ぎに伺ったので、
他のお客様は、ほとんどいらっしゃらず。

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13352137.jpg





窓側のお席に案内されました。
お席がゆったりとしていて、静寂で。
本当に落ち着ける空間。

この日は、まもなく雨が降りそうな曇り空176.png
風も強くて、なんだかとっても寒々しい。
窓の外、上手く撮れない103.png

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13401594.jpg




左側は、“紫蘇茶”。
うーん、シソ!少し目が覚めました。

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13454508.jpg




朝定食は、ごはんを選びました。
白いごはんに合う、おかずたちの数々。
旅先の朝食は、ガッツリいただくので(旅ではないけれど105.png)、
ごはんも、お味噌汁もおかわりをいただきました111.png
厚揚げやお豆腐の小鉢の味つけが、お出汁がきいていて美味しかったです。

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13534753.jpg

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_14055882.jpg

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_14082767.jpg





絶対に白米を選ぶであろうと思っていたぴょんさんは、お粥を選択。
お粥も、たっぷり!
お粥だと、お海苔の代わりにたらこがついていたり、
出汁しょうゆのようなおつゆがついていたり。
一口もらいましたが、何もなくても、お粥だけで十分に美味しかったです。
そして、大食いぴょんさんなので、お粥もおかわりをいただきました111.png

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_13592017.jpg




今現在は、土日月祝の朝しか朝食の営業はされていないそう。
ルームサービスの和朝食は、とても人気で数も限られているそうなので、
前日までに必ず予約してください、とのことでした。
(チェックインのときにそう案内されました。)

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_14190045.jpg




和食の朝食をゆっくりいただけるって、贅沢だなぁ110.png
ステイケーションの美味しい朝時間。
この後も、チェックアウトまで、何もせずに、ぐーたらしていました105.png

The Okura Tokyo 山里の朝食@虎ノ門_f0337357_14244785.jpg

# by kasutera0141 | 2021-10-19 14:32 | 新橋、汐留、虎ノ門